上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去ログ掘り起こし。

信じられないくらい昔の話。
正直読めたもんじゃないけど、その酷さは今もそんなに変わってない…。
... 続きを読む
スポンサーサイト
過去ログ掘り起こし。

何を言っているのかよくわからないので(今もそうだけど昔は特にひどかった、というかわざとそうしてた気もする)あらためて書くと、タイムレンジャーのレッドが開いた空手教室に通う少年が、そのレッド直伝の力を以て不良グループのリーダーになり、悪行(恐喝)を重ねる、という話について、「恐喝なんて扱ったらダメよ」というヒステリーおばさんの投稿が朝日新聞にあり、それを思い出して書いた日記でした。

で、ヒーローって、すごく強い力を持って、テレビの中ではいつだってその力は"悪"を倒すために使われているから気づかないけど、その力もちょっと裏返せば悪になり得る。
その事実に対し、ヒーローは、あるいは、現実を生きるぼくらは、どう対峙すればいいのか、それについて考える機会を与えてくれた傑作エピソードだったと思うんですが(たぶん。もう話忘れたので自身ない…)、まあ、わかりづらかったんでしょうね。おばさんは恐喝という単語レベルでヒステリーを起こし、伝統的ヒーローファン(好きな言葉:「大人の鑑賞に耐え得る」)は、たしかに中学生日記的に見えなくもない(実際は全然違う)ストーリーに「あ…あんなのは中学生日記の青春ドラマなりよ」とか慌てて言い訳してがんばってた(気がする)。

まあ、でもヒーローと悪の力のルーツが同じなんてのは、実は昔々からあったことですよね。今思ったけど。

過去ログ掘り起こし。
ウルトラマンコスモスについての二、三の事柄。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。