上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつての仮面ライダーの物語が、ヒーローがアクションを起こすことで始まるわけではなく、怪人たちが狂言回しとなることで動いてきたという部分については最早語るまでもない。

乱暴な言い方ではあるが、ライダー自身が物語の主体となり、ヒーローの「かっこよさ」が前面に押し出されてきたというのが、平成ライダーの特徴の一つと言っていいかもしれない。

それと同時に、怪人たちが表現してきた物語性も輝きを失い、特に印象に残らないようなデザイン・キャラクター性のものばかりになっているという思いも、あながち間違いではないだろう。(とはいえ、かっこいい/かっこわるいで事足りる大多数の特撮ファンにはそれで十分か。) もちろん、デザインはあまりにも秀逸だ。しかし、その存在がぼくたちの記憶に残るか否かは、必ずしもデザインだけによるものではない。いわば物語性を持ち得ない怪人たちが、時を同じくしてその見た目までも埋没してしまうことは、当然の帰結かもしれない。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。