上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近知り合いが、スピリチュアルカウンセリングとかいうものに行ったらしいんですよ。そこでは、なんだか前世が見える人が、魂の云々についてアドバイスしてくれるらしいんですよ。

それなんて宗教?って感じなんですが、とりあえず特定の宗教じゃないにしても、前世とか転生を基盤とした観念が主体となって、あるいは、なんだかわからんけどスピリチュアルなんちゃら系の人がよくテレビに出る最近の風潮って、ひょっとしたらちょっと見逃せない何かなのかもしれません。

本来は、そういうのに行ったという話を聞いた時にぼそぼそ、っとこういう話をしたかったんですが、だんだん、あんまり変な事を言うと(特にこういう癒し系的なことは)弊害が大きいことに最近気付いたので、ここでこっそり考えてみようと思います。というか、思いつくままにだらだら書くので、どうなるかわかりませんが。
... 続きを読む
スポンサーサイト
先週の仮面ライダーカブト(14話)で、ひよりのロールキャベツを残し別の飯屋を探して彷徨った天道が、最初に行った店、臨時休業か何かでがっかりした店は、こないだまで住んでいた部屋のものすごく近所でした。あと、その後天道が、がっかりして歩いていたら靴ひもがほどけたか何かでもっとがっかりした場所は、まあ、その店から目と鼻の先、15mくらいのところなのだけど、同じくこないだまで住んでいた部屋に入る路地の入り口、ちゅーか、ほんの一軒隣の場所でした。まじで。隣の家の角で、彼はがっくりしていた。

なんちゅーか、たぶんまだあの部屋に住んでいたら物音で絶対気付いたと思うのに、なんと間の悪いことだろう、あと1~2ヶ月くらいあそこに住んでいれば…と、ひたすら歯噛みする今日この頃です。
むかしむかし、まだ携帯電話なんてFOMAとか第三世代なんて言葉すらなく、携帯端末がやっとカラーになったような頃に、書いた文章(ニュータイプの条件)がありました。

まあ、これはべつになんてことない、というか、今読むといったい何をぐだぐだアニヲタが書いてるんだか、というアレなんですが、その数年後、まだブログなんて日本人の0.01%くらいしか知らなかったような時代に、懐かしのこのサイトで、ニュータイプ的なものを欲望する日本人のコミュニケーションと携帯電話の関係について、すごく恥ずかしいことを書いたりもしていました。

その恥ずかしい短文については、恥ずかしすぎるのでもう消したわけですが、それから時が過ぎ、さらにニュータイプ的な方向へ、今でも外部から働きかけてくれているコミュニケーションメディアについて、なんとなくお風呂に入りながら考えたことをなんとなく思い出しながら今日は書いて見ようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。