上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変なトラックバックがつきがちなので、mixi日記から転載。
2回に分けて書いた物をまとめています。
=======

江原啓之が細木数子に噛みついた
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=151272&media_id=10(というニュースに関連して書いた日記。)
=====
ぼくは細木信者でも江原信者でもなく、むしろアンチ江原と常々公言しています。アンチ江原コミュにも入っています。

で、まあ、世の中で言われているほど江原氏も人気があるわけではないようで、こういう余汰話でも出てくると、意外なほどに江原氏を叩く人も多いようです。

ただ、とても不思議なのが、江原氏自体は否定しながらも、前世の存在・霊の存在に言及し、否定する人は意外なほどに少ないこと。たぶん。
むしろ「江原の前世は○○」「江原は地獄に堕ちる」など、"あっち側"の言説を以て貶す者すらいるということ。少なからず。

なんだこのおかしな現実は。

ちゅーか、それはいったい何教だ。

今一般に言われている"前世"とか"スピリチュアル"への疑問についてはブログにも書いてきたし、そもそもそこから始まって江原の不可思議さ、おかしさに触れだした今日この頃なのだけど、やっぱり意外と当たり前のものとして、前世とかスピリチュアルなものの存在は認められている?
... 続きを読む
スポンサーサイト
(暫定版エントリ)
前世は「中世の賢者と貴族」ばかり 江原啓之の「摩訶不思議」というニュース(?)を見たところ、ようやく表立って江原批判を口にする人も増えてきたように思える今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

とはいえ、件の記事では
「週刊文春」の07年2月1日号には「テレビの中の『わるいやつら』」という特集で江原さんが4ページにも渡って紹介されている。そこには「7つの疑問」が掲載されていて、その一つが「前世や守護霊はどうして中世の賢者や貴族ばかりなのか」という疑問だ。
テレビ朝日系で放送されている「オーラの泉」に出演する芸能人への霊視では公家、武士、巫女、貴族、修道士、思想家などの「職種」が多出している。地理的には日本、英、仏、伊に偏りアジアやアフリカは滅多に出ない。

という程度の、ぼく自身まだまだ認識が甘かった去年の夏から書いているような話で、何を今更というところではあるのですが。

ただ、そのニュースに反応した人たちのコメントやブログのエントリ、匿名掲示板のやり取りを見ていると、たとえアンチ江原であっても、なんだかそれは違うよね、と言いたくなるものが少なくありません。もちろん、江原氏を肯定するという意味ではない、その独善的で上から見たような叩き方で、本当にいいの?という感覚。

とはいえ、誰にも読まれないままでは意味がないので、2~3年前にさんざん批判した「ブログランキング」を、今でも大嫌いだけど活用させていただこうと思います。

[人気blogランキング]
ここをクリックすると、スピリチュアルな人たちがこのブログに入りやすくなります。


(ちなみに、このランキングのクリックはアンチスピリチュアル以外の活動には1ポイントも使いません。また、今でもブログランキング大好きっ子・「ポチッと」とか言ってクリックを最大の目的にしている人たち・あるいは騙しリンクを使ってまでランキングを上げようとする人・知り合いにクリックしてとお願いする節操のない人、そんな破廉恥な面々は大嫌いだ、という考えは変わっていません。)

念のため、次のアンチエントリを書くまでのつなぎとして。
このブログで書いてきたアンチスピリチュアルな話は以下のようなものです。

◆スピリチュアルという危機4 完全アンチ宣言。
◆スピリチュアルな物語3 これは…やばいんじゃ…
◆スピリチュアルな物語2 ちぐはぐなぼくらのアレ
◆スピリチュアルな物語、あるいは王様の耳はロバの耳

本格的にスピリチュアルという危機が、単に信者や取り巻きだけの問題ではなく、それを無意識に見過ごしているぼくらの中にもあることに気づいたのは「4」くらい。

最初の2回などは、まだぼくも考えが甘かったので「それで救われる人がいるなら、まあどうでもいいんじゃね?」程度に考えていました。

続く。
先日、東京のど真ん中と呼んでも差し支えないような場所で、こんなビルにめぐりあいました。
うずまきビル1
(クリックで少し大きな画像が出ます)

どっちを向いてもうずまき。
どこまで行ってもうずまき。
うずまきビル2
(クリックで少し大きな画像が出ます)

ただ渦を巻いているだけではない、繊細なその線も、渦の構成も、陰影も、何もかもが伊藤潤二先生を想起させるこのビルディング。

まあ、それだけといえばそれだけのことですが。
このビルについてご存知の方がいれば教えてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。