上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ、「家でやろう。」のポスターについて日記に書いたんですけど、いまだに地下鉄に乗ると、家でやろうのコピーが印象的なメイク中の女性をアレしたポスターが目につきます。
(東京メトロの家でやろうページ:http://www.tokyometro.jp/anshin/kaiteki/poster/index.html

東京メトロとか関係ない人には、どうでもいい日記ですみません。


そもそもおマナーというお言葉がぼくは好きではないのでアレなんですが、何度そのポスターを見ても、わざわざ少なくない予算を使ってまで車内メイクを槍玉にアレするのってどうなの?という気持ちは変わりません。

べつに、車内メイクを推奨して、みなさん是非車内でやりましょうねーというつもりは毛頭ないけど、わざわざ電車の中でメイクすることが「おマナー」にお違反しておる、とかいうおじさん(おばさんも?)たちの感覚は、こないだはキャバクラでキャバ嬢にお説教するおじさんのような、と書いたけど(そんなの本当にいるのか知らないけど)、なんというか、やっぱり気持ち悪い。
どうもそこでは、女子はかわいくて当然、おねえさんは美人で当然、もしくは、それなりの人はそれなりで当然、というのが前提のようになっている気がします。
(ちなみに、なぜか海外に行くとものすごく残念な女子の割合が非常に高いのは、普段の完全版メイクではないことが大きな原因だと思うんですが、どうなんでしょうか。鬼みたいな顔の3人組が、ビデオで自分撮りしながら「いまぁ~ライン川くだりぃのフネに乗ってまぁ~すギャー」とか言っていると、呆然と、国辱とはこのことだっけ、とすら思ったりするんですが)

たしかに、女子はかわいい。できることなら女子になりたい。
けど、それって一朝一夕で成り立っているものではなくて(いや、実際はまさに一朝だったり、人によっては一夕だったりで作っているものですけど、そういう意味ではなくて)。
だけど、電車の中でメイクするのはけしからんと高らかに謳うおじさんたちの精神の根底には、女子はかわいくて然るべきもの、あるいは、それなりの人はもともとそれなり、という甘えがある気がしてならない。
とりあえず、そういういやらしい甘えは捨てた方がいい。
いや、もちろん皆様もとから大変お美しいのは存じ上げておるわけですが、ただ、メイク様のおかげをもって、この世界が光り輝いておるということも忘れてはならないと思うわけで。


たしかに、電車の中で人目もはばからず(あるいはそこにある人目は、もはや”人目”ではない)メイクするというのは、公共心の低下をあらわす指標の一つだというのはぼくだって納得できるし、そこに象徴された公共心の低下というのは、全体的に見て由々しき問題だとは思います。メイク女子に限らず。
それは、単純に公共心が低下したということよりも、電車を降りて辿り着く目的地(学校だったり会社だったり)にある小さな「セカイ」のみが各個人の世界の全てであり、電車の中は、セカイを構成する要素ではない、もしくは無視しても構わない超下位要素にすぎないという、セカイ系的価値観のあらわれなのかもしれません。
ただ、そこで問題とすべきは、その、ごく狭小な価値観でこそあれ、車内メイクという行為ではない。断じて違う。
仮に、この東京メトロ様のお達しの力で、誰もが家でしかメイクしないようになったとしても、そのセカイ系的アレの蔓延には何の関係もない。
(自分用参考リンク:http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/?q=%A5%BB%A5%AB%A5%A4%B7%CF 過去に書いたセカイ系的価値観のアレ)

で、なんでしたっけ。
そうそう、車内メイク自体が、そこまで槍玉にあげるほどのものだとは、何度考えても思えない。そもそも、マナーとかエチケットの範疇だと思えないし。
むしろ、その行為に対して「家でやろう」なんて狂信的おマナーの押しつけを行ってしまう傲慢、あるいは、そういうポスターを見て「ほ~らオレが今まで言ってた通りだ」とあたかもシャカイセイギの追い風を受けたかのように追随する偏狭な価値観。
そちら側にこそ、自分の価値観のセイギを信じてしまえる幸福な愚かさと、その貧相なセイギによって成り立ち得るセカイの息吹を感じてしまいます。

しかし、今までは、無邪気に女性本来の美(メイクに頼らない)のみを妄信できた人たちが勝手に、「大和撫子の嗜み云々」「醜女は何しても無駄だから云々」と言っていたに過ぎないことが、いつのまにか東京メトロ様の大いなる意思によって、悪決定、となった、いわば公認悪の誕生を迎えてしまったわけで。

そもそも車内でメイクすることを「悪」「マナー違反」と断じている人たちは、きっと本当はメイクする女性の良識とか公共心を問題視しているわけじゃなくて、むしろ、自分がその「セカイ」の範疇の外にいること、他人にとってはたとえばジャガイモと変わらない程度の重みですらない存在になってしまうこと、そんな当たり前の事実、あるいは人間そのものが持つ真の孤独をつい認識させられてしまうことに我慢できないんじゃないでしょうか。
しかしそれを自ら理解しているのかどうか、はずかしげもなくメイクガールたちのセカイに、自分のセカイをぶつけてしまう大人気なさ。
実はそれこそ、「家でやれよ」と言われるべきものかもしれませんね。

とりあえず、そのへんのブログとかmixi日記の多くがこのポスターを賞賛し、「アチキもそう思っていたでやんす」とか口々に褒めそやしても、ぼくは徹底的にこのポスターは認めたくない(前の日記に書いたような、偏屈な老人たちが「電車でお化粧する女性はヤマトナデシコとして恥ずべき行為であり、家でやろう」と朝日新聞に投稿するような言論の自由は認めますが、それを悪公認してしまうのは違うだろうと)。

たとえそのデザインは大好きで、少なくともここ数年のマナーポスターとは雲泥の差であることは間違いないにしても、そこにある、すごくいやらしい感じが露骨にあらわれている限り、今後もこっそりアンチ日記を書き続けると思います。
スポンサーサイト
【ここまでのお話(まだ書いていない)】
なぜかうっかりバカンス(特に目的はない、そう、ぼくの人生と同様に)に出ることになったぼく(20代アキバ系)は、アエロフロートのモスクワ経由便(約13万円/税等は別)で、「ミーはおフランス帰りザンス」でおなじみのあの街に到着し、RER(発車までやけに時間がかかった上、車内大混雑)から地下鉄に乗り換えてアレをアレしてついに地下鉄駅の階段を上り、一歩目を踏み出した。


[一日目(2007/8/21):地下鉄駅を出てからホテルまでの間に想起したこと]

p1パリも三度目ともなれば多少はわかる。
とはいえ、到着した最初の夜のホテルを予約する際に気にしたのは、もちろん値段と、そして場所。いろいろと面倒だったことと、購入したモスクワ経由の格安航空券では到着が夜になるため最初の夜だけは確実性を求めたこともあり、到着当日に泊まるホテルだけは航空券を買った旅行会社であわせて予約したのだが(しかしそこで渡された「ホテルクーポン」は白黒のプリントアウトというお粗末なもので、その他に泊まったホテルと同様に自分で予約した方がいくらかましかもしれないものではあったのだが)、そこで提示されたのが、モンパルナスのホテルとモンマルトルのホテルだった。
値段は大して変わらず、言葉の響きも多少似通った部分がないわけではないこの二つの地域で、しかしぼくが迷わず選んだのは、モンマルトルの方だった。
その直感には、南の外れとも言うべきモンパルナスの方が空港から遠い、というごく自然な交通面での条件もあるが、それ以上に、それまでのパリ体験における刷り込みというものが影響していた。
去年旅行した時の日記を書こう書こうと思っていたんですが(携帯から更新したアレ)もうそろそろ一年経とうかというところで、なぜか突然書き始めてしまった。

まだ一日目だけですが。

そんなこんなで、飽きるまで続けます。
mixiから転載
===
iede

久しぶりに東京の地下鉄に乗ったら、新しいポスターが(画像のアレ)。

「家でやろう」ということで、ぼくの記憶が正しければ以前は席を占領して何か食べながら本を読んでいる少年の図だったのだけど、今度はメイク中のお姉さんを槍玉にアレしたらしい。

だけど、そんなのわざわざお金かけて大々的に告知までして、家でやれって言うようなことか?
べつにぼく自身が電車でメイクするわけでも、メイク中の女性を見て興奮する性癖があるわけでもないけれど、何か違う気がしてならない。

そもそも、実は電車の中でメイクする人なんて見たことないし、いたとしても(いや、たくさんいるんでしょうけど)、それに対してわざわざ家でやれなんて、キャバクラでキャバ嬢にお説教するおじさん(これも本当にいるのかどうか知らないけど)的な感覚にしか思えなくて。
もちろん、アサヒ新聞の投書欄なんかに「電車でお化粧する女性はヤマトナデシコとして恥ずべき行為であり、家でやろう」という類のものが載るのは、まあ、そういうものなので仕方ないし、そういった言論の自由も守られるべきなのだけど、しかし、地下鉄を運営しているような会社に、「おい、そこの下衆な乗客ども、わしらの電車に乗るんやったらメイクは中でするな、家でやろう」と言われてしまうというのは、あまり気持ちのいいものではない。

まあ、前のバージョンの「家でやろう」ポスターが、簡潔でわかりやすいウィットに富んだスノッブなアレだったので(ぼくも個人的にすごく好きでしたが)、きっと評判もよかっただろうし、そこで調子に乗って、同じコピーで違うバージョンを作ってしまった的なうっかり感があるのかもしれないけど、それにしても、このままじゃそのうち、携帯をカチャカチャやるのはおろか、周囲に迷惑をかけない程度の音量で伊集院光や爆笑問題のポッドキャストを聞きながらニヤニヤするとか、いい年したおじさんがコバルト文庫を読みながらニヤニヤするようなことまで、家でやろうと言われてしまうんじゃないかと、気が気でない。
身じろぎもせず、口を開くこともなく、姿勢を正して、東京メトロ様のお電車に乗らせていただく、いや、まあ、きっとそういうことなんでしょうけど…そういうものなのか。

あと、家で「やれ」、でも、家で「やってください」、でもなく、家で「やろう」という、ビミョーな呼びかけ(ほら、おれって君のことわかってるじゃん的アピールをしつつ、しかし実際かなり押し付けがましいタイプのアレ)というのが腹立たしくなってきた。


=====
上の内容とは関係ないんですが、個人的には、こんなメイクやら何やらよりも(ずーーっと前にミクシィ日記にも書いていたんだけど)座席に座っているおじさんと若い男たち(どちらも大抵スーツ着てるタイプ)の股の開き具合が気になり続けていて(しかしこれは銀座線だけの問題か?)、しかもその手の牡犬たちときたら、大抵の場合、席をつめたりゆずったりしないし、もうね、これは法規制してもいいんじゃないかというくらい、脚の長さ、もしくは股間のビッグジョン(マラ、逸物、暴れん坊、etc)の存在をアピールする男性性のアレが、ほんと、家でやってよって感じなんですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。