上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の歌舞伎。

歌舞伎座夜の部、3階で、
・毛谷村
・廓文章
・曽根崎心中

まあ、何はともあれ、廓文章の玉三郎がとにかく美しかった、と。

最後の曽根崎心中だけど、まあ、ど素人のぼくから見たら、そんな、直前の幕で見た玉三郎の後に、ぶよぶよの藤十郎が女になったところで、着物もなんかダラダラだし、場末感が漂ってお話にならない。

…と思っていたら!
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。