上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(2008/1/24追記)
このエントリは、ずいぶん前に「江原やらせ」がニュースになった頃のものです。

まだ断続的に、「江原 やらせ」で検索してくる人が多いようですが、そもそも江原はスピリチュアというネタで売れた一発芸人なので、やらせとかいう以前に、仕込みは当然じゃないでしょうか。テレビだし。
その仕込みは前提として、江原的な何かを信奉しおかしなことになっている人たちはたくさんいて、このブログでは、江原を含めて江原的な何かとその周辺を問題にしていた時期がありました。

というか、それじゃ江原がやらせで、それ系のスピリチュアルなんちゃらはどうなのか。テレビ的な力や予算がない彼ら、「仕込み」をしたくてもできないような彼らはホンモノなのかといえば、そんなことないですよね?
相談者(?)の言ってほしいことをそれっぽく言って、心の隙間を埋めてあげて(というかつけこんで)、それは癒しだって言うこともできるけど(ぼくも昔はそう言ってたけど)、それってどうなの?みたいな。

ちなみに、信じるやつがバカってことを言いたいんじゃなくて、そういう状況を生み出している現代こそが…とぼくは言いたいのですが。

あと、コメント等大歓迎です。
下のコメント欄にもいろいろ書いてみました。

(2008/1/22追記)
過去の江原日記はここで

スピリチュアルという危機(このブログ内のカテゴリです)

============
↓ここからが2007年2月時点でのこのエントリの記事です↓

江原氏に関して、トラックバックをいただいた先の人(江原派)が、やらせ疑惑の件に関してこんなことをおっしゃっていました。

ここ。

あやうし江原啓之さん

(テレビなんてほとんどやらせという話に続いて)

でも視聴者はわかっています。
だけど見ていて楽しいのだからそれでいいと思います。

ヤラセだからどうのこうのというのではなく、自分にとって利益になるかどうかで判断するべきでしょう。

江原啓之さんの発言などはとても勉強になります。
カウンセリングの方法を熟知しています。

最近忘れられたよき日本人の考え方が勉強できます。



…「よき日本人の考え方」って何よ、という話はさておき。

これって実はすごく重要なこと(江原的な何かを考える上で)を言っているんですよね。(※もちろん、江原大センセイの教えがすごく重要って話ではありません)

「自分にとって利益になるかどうかで判断するべき」
「見ていて楽しいのだからそれでいいと思います。」

まさにそういった現世利益追求的な言葉にこそ、今のスピリチュアルな風潮を読み解くカギがあるようです。

人生における物語の不在と、それを埋める前世や魂による「物語」の出現。あるいは「あなたが生まれてきた理由」(←浅草に本拠地を置く新興宗教の看板にある言葉。江原ブームにうまく乗ったのか、大通りに修行所がオープンし今もにぎわっているようです)のようになぜか自分がそこにいることについてすら「理由」や「意味」が求められること。
それが満たされることにより安らぎを得るのは、結局誰なのか。
口先ではそのことによってセカイに対して云々とか言うかもしれんけど(それすら言わんかもしれんけど)、要は現世利益さえ得られればいいってことじゃないのか。

べつに、いまどき、自分さえ(あるいは自分とその周囲さえ)幸せならそれでいいという考え方は、江原信奉者やスピリチュアル派だけに限ったことではないのでしょうが、実は意外と、スピリチュアル派を見ていると、その傾向は強い。ある種の密教的なものかな。

その点についてはいずれまた触れます。
===

ちなみに、前述のあるある疑惑については、またmixiに日記書いてますよ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=337428600&owner_id=26047

このmixi日記の中のどこか(コメント欄かも)でも、江原的な感覚が「私」や「個」にこだわりすぎ、ただでさえ虫の息だった「公」の概念にとどめをさしたとか書いているんだけど、要は、上で引用した人のような観念が広がってしまったということですね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/105-b4ca75e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。