上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶん前に書いたスピリチュアルという危機4 完全アンチ宣言。に、変なコメント(http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/blog-entry-97.html#comment53)がついたのですが、ちょっと流暢な日本語が話せる人ではないようで、実は理解に苦しんでいます。

かといって、それをこちらで勝手に解釈して返答しても、またmixi日記のスピリチュアル派(そのファーストコンタクトについてはいずれまた書きます。今はこれこれ を参照。申し訳ないけどmixi日記です)のようなことになるので、今回は、公開質問という形で、[53]のsさんに再度説明を乞いたいと思います。
 
ちなみに問題のコメントはこちら
[53]
(私は江原を信じてもいませんし中立的な立場ですが、)アンチの方々の
発言と言うことで、もっともらしい事が書かれてあるのかと思いきや・・
まぁこの程度なんでしょうね

それに
>ただ、それを見ていると、単に胡散臭いからと>か太っているからとか、その程度のアンチが多>い気がします。

十分あなたのその一人に見えますw
長い文章であたかも検証してるようですが全く
客観的検証になってませんね。
まぁ「アニメ・怪獣・仮面ライダー」っていう
レベルですからその矛盾にも気がつかない・・か。
2007-02-11 s

まさかここまで書いといて書き逃げはないですよね?
ということで、上からいきます。

【1】
(私は江原を信じてもいませんし中立的な立場ですが、)
中立って自分で言う人は、大抵の場合中立じゃないんですが、sさんはどういう意味で中立なんですか?
ちなみに、このコメントをいただいたエントリ(シリーズの4回目なので、以降4と書くこともあります)やその後の関連エントリを見ていただいていればわかると思うんですが、「べつに誰が被害を受けているわけでもないんだから楽しければ良いじゃん」「それで癒されるんだったらいいじゃん」という立場は、中立だとは思っていません。もちろんsさんは違いますよね。

「私は江原を信じてもいません」とまで断言されていますが、見ての通り、江原を信じていないだけの人どころか、アンチ江原でさえそれが現在のスピリチュアル派を生み出した一因であるというのがぼくの考えです。

よく、信者かアンチかという二元論で語られていて、便宜上ぼくもアンチという言葉を使っていますが、単純なアンチじゃだめだよね、と思っています。だけど、自称「中立」という人が出る時点で、やはりその二元論って強固なものなんだな、と思いました。そういう概念を崩さないと、話にならない。
完全アンチ宣言、というのは、完全に対極に立つという意味ではありません。まあ、読めばわかると思うけど。

【2】
それに
>ただ、それを見ていると、単に胡散臭いからと>か太っているからとか、その程度のアンチが多>い気がします。

十分あなたのその一人に見えますw
もうどこから触れていいのかわからんけど、まず最後の一文が日本語じゃない。そして「>」の入れ方がおかしい。本当はこれだけでも無視するに値するコメントだけど、ぼくは優しいので敢えてレスしています。(日本語に翻訳して解釈しています)

で、その一人だったら何なの?
自分でも言っている通り、これはちょこちょこ書いたメモをまとめただけのものなので(ベンヤミンのセントラルパークをもう少し一般向けにした感じだと考えてください)日本語を書けない人には読むだけでも難しいかもしれないけど、もう一回読んでもらえますか?お願いします。

読みましたか?

sさんが(変な引用符で)引用したその下では「だけど本当は、そんな生理的嫌悪感だけでなく、もっと何か、根源的危機のようなものがある、ような気がしてならない。 」と言っていますよね?

ちなみに、件のエントリを書いたのは見ての通り去年の11月の話で、このメモは、江原的な何か(既に江原一人の問題ではなくても、便宜上、わかりやすいように今でもそういう表現にしています)をどう捉えるかという考え方を自分用に書き出したものにすぎませんが、ここでいう根源的危機の一つとして、既に
死後の世界や転生が"なんとなく当然"のものとなり、前世を見通し死者と語らう"タレント"がいる現代において、死ぬな殺すなという言葉が、どれほどの意味を持つのか。
という部分を挙げているだけでなく、その後たぶんこのブログの別のエントリにも書いたと思いますが(さらに、最近のmixi日記にも書いてるけどそれは知らないと思うから仕方ない)、
あるいは、本質的に「私」や「個」にこだわり、もともと希薄だったパブリックな概念にとどめを刺している
という部分、リアルセカイ系の出現こそ、江原だけでなくスピリチュアル一派のもたらしている危うさがあるように考えています。実は今では後者の方が大きいと思っています。
(リアルセカイ系についてはhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=341864254&owner_id=26047、見られなかったら教えてください)

公共心の喪失が、どれほど危惧すべきものなのか。文章を読んだ感じだとおそらくぼくよりも随分若い方だと思いますが、パブリックな概念が消えて、自分中心のセカイになり、あるいは自己責任の名の下に自己満足なセカイが作り上げられることの危うさって、中立なsさんでもわかりますよね?(実は、公共心の低下は、ぼくらよりも上の世代で顕著なんじゃないかと考えていますが、それについてはまた今後書きます)

もう一回、読んでいただければわかると思うけど、そもそも、ぼくは実は江原氏への個人攻撃ってあんまりしていませんよね。むしろ、実はアンチ江原と呼ばれる人々の中にも、それと同質のものがあり(もちろんそれがぼくの中にもあることは、この「4」以前のエントリで何度も認めています)、それが破局につながりうるのではないか、と考えています。
単にスピリチュアル派が出てきたことでパブリックな感覚がなくなったのではなく、もとからそれは絶望的だったということ。スピリチュアルはほんの一端に過ぎず、また、江原が消えてもその危機はなくならない。

で、sさんの言うようにぼくも江原が太っているから嫌いだと考える人間だとして、そういう人間が、上記のようなことを考えてはいけませんか?
べつにぼくは、sさんのように清廉潔白な人間ではないので、自分のことを中立だなんて思っていません。ただ、単に江原攻撃派というだけでなく、江原攻撃派の中にもあるスピリチュアル派的な何かも含めて危険視しています。

【3】
長い文章であたかも検証してるようですが全く
客観的検証になってませんね。

はい、おっしゃる通り、客観的検証なんてしていません(べつに開き直ったわけではなく事実です)。もしこのシリーズの1~3のエントリも見てさらにこれを見たのならわかっていただけるかと思うんですが、実は1の段階と4の段階では全然前世的なものに対する考え方が違うんですよね、我ながら。1で言っているような自分の考えを否定するようなことを、この4で書いていたりする。そのどこに、「あたかも検証」とまで言えるようなものがあるのか、こちらが聞きたい。何をどう好意的に解釈すれば、そこまで持ち上げていただけるのでしょうか?
そもそも検証でもなんでもないことは、件のエントリだけでも、普通に読んだ人なら十中八九わかると思うんですが…。所詮、ウェブのログです。

そもそもsさんの「長い文章であたかも検証してるようですが」という部分。これって何ですか?ひょっとして長ければ検証になり得るとsさんは考えているんですか?

それと、よくわからないんだけど、客観的検証ってどういうことですか?それだれでも教えてください、sさん。

【4】
まぁ「アニメ・怪獣・仮面ライダー」っていう
レベルですからその矛盾にも気がつかない・・か。

おっしゃる通り、「アニメ・怪獣・仮面ライダー」っていうレベルです。よく見てますね。ただのスピリチュアルブログと思われたらいやだなーと思っていたんですが、そこまで見ていただいてうれしいです。あと、実は飯もあります。

で、アニメ怪獣仮面ライダー(と飯)がレベル低いのかどうかはさておき、ぼく自身はすごくレベルが低いと思いますね、ほんとに。いろいろ長いこと書いたりもしているけど、要は頭が悪いからそういうことになるんです。まあ、それは見ればわかりますね。

いや、今回はなんかほんと、sさんのようなお高級な方にお出ましいただいて申し訳ないっすね。ほんと。

ちなみに、sさんのレベルの高いご趣味は?(スピリチュアル以外で教えてください)

【5】
上と同じ部分ですが、矛盾ってどこですか?おしえてくださいsさん。

教えていただければ直しますよ。中立な方なので、そういうこと、ちゃんと教えてくださいますよね?ぼくのレベルに落とさなくても、sさんのレベルで教えていただければ勉強します。

(※20070212追記:sさんすみません、矛盾を教えていただければ直すというのは、ぼく自身のレベルの低さ故に気付かない論理的矛盾[べつに論理はないけど]などについてであり、つねに人間としてぼくが持っている矛盾とか葛藤についてはまた別問題です。実際、見ての通り江原問題を語る際には、単純に二元論的アンチとも表明できないけどアンチを名乗らざるを得ない葛藤など、いくつかの心理的矛盾は常にあり、それは書くものにもあらわれていると思います。もちろんレベルの高いsさんはその点もわかった上で、理屈として、欠落あるいは崩壊しているものを発見されているんですよね?)

【6】
そもそも何が言いたいんですか?

とりあえず以上です。

あんまりいろいろ書いちゃうとまた面倒なので、少し控えめにしてみました。

ご回答いただけるようでしたら、コメント欄でも、あるいはご自身でブログなどお持ちでしたら、そちらからトラックバックでも構いません。メールがよろしいようでしたら、あらためてメールアドレスをお知らせしますのでその旨コメントしてください。

sさん、よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/107-79950a6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。