上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070918093927
タイトルは画像の件。

狭小な経験と浅薄な判断力で、また勝手なことを書きます。

東洋人の判別をするのが旅のはじめからの日課のようなものでしたが、なかなか、パリでは結構な的中率を我ながら誇ったものの、以降言葉を聞いて愕然ということが少なくない。

おじさんおばさんはすぐわかる。問題は、日本人の若い男女が中韓のそれとよく似ている。これはハングルで間違いなと思った集団がいきなり日本語で会話していて驚くことが多すぎる。

でも、この要素があればかなり判別率が高まるというのはいくつかある。

・何度も書くけど、中国人の一眼所有率は異常。一眼持ってる東洋人はほぼ間違いなく中国語。ちゅーかアキバの路上コスプレアイドルの半径1.5m以内よりも所持率が高い。しかもアキバ並あるいはそれ以上にいいレンズ。
もう一眼に対するひがみ根性でいいんだけど、絶対無駄に一眼。あるいは撮ってる自分に酔ってるだけ。

・かなり前に書いたけど、日本人男子のジャケット率もかなり高い。ちゅーかブレザー?違いがよくわからん。両方かな。まあ、着ててちょっとちぐはぐな感じだと間違いなく日本人男子。実際ジャケットを持って行くか悩んだぼく(出発が秋だったら絶対持ってきて毎日着てた)が言うのだから。
あと、日本人若手男子はほんとに腕組みが好き。あいつらやけに偉そう、って書いたけど、腕組みだから偉そうなのか、偉そうだから腕組みなのかはわからない。旅は人を哲学者にすることもあるから、まあ、何か考えてるのかな。晩飯何食べようとか、エロスなこととか。
毎日腕組みしがちなぼくが、敢えてそれを言いますが。

ちゅーか日本人男子の、本当にクリティカルな特徴があるんだけど、ちょっとここには書けない。べつに出し惜しみするわけじゃないけど。散々憎まれ口を書いてきたここにすら、書きづらい。もちろん、この要素も、ぼく自身を大いに含む。ちゅーか実際今までも、日本人男子に関する憎まれ口を書く時は、常に自分に対するものであったんですけどね。

・韓流は意外と気さく。同族嫌悪とか小規模集団での殻にとじこもりがちなぼくらと違って、あいつら、なんか気さく。
ちなみに、若手男子集団(たまーに、なんかアレな感じの女子が一人入ることもある。ほぼ必ず一人。二人以上じゃない)がいたら大抵日本人。だけど若手男女混合集団(ツアーじゃなく)がいたら大抵韓流。たまに中国。

・関係ないけど日本女子二人旅は、なぜかやけに関西弁が多かった。

・今頃気付いたけど、日本人の若者が中韓とフアッション面で区別がつかないと感じるとき、念頭にあるのはアキバとか、あるいは東京的な何かで、知らないうちに東京中心主義的になっていたんだと思う。
そういえば実家に帰ったときに見た熊本の若者は、今思えば、なるほど、なんかアレだったかもしれない。韓流にハングルで話しかけられたぼくが、敢えて言う。

・よくおでこというか前髪の上にサングラスを載せている日本人旅行者がいるんだけど、あれはやめてほしい。出かける前に一所懸命(まさに一所)にトマソン的サングラスの位置を調整している姿が、自然と目に浮かんでしまって、結構泣けてくる。日本にいてもそうなのに、旅先でそれをする人が多いから、もうね、道端で本当に切なくなる。おそろいのおでこサングラス親娘とか見た日には、どうしようかと思った。

・サングラスといえば、やたらレンズのでかい変なのを中国人がよくかけているけど似合わないからやめてほしい。欧米偏重と思われてもかまわないけど、ああいうのは白い人にしか無理。それに限らず、中国人旅行者の大半は、なんか酷い。中国人といっても、昔からお金持ちだった雰囲気のツアーは、話し方もゆっくりで、服もいいものを着ていて行動も汚くないんだけど、そうではない、株だか土地だかで旨い汁を吸ったようなやつらは、まじやばい。世界をだめにするわ。特におばさんと若い男。しかもたぶん、東洋人の区別がつかない欧米人は、それを日本人だと思っている。数年前まで大の中国好きだったぼくだけど、もうあの国は、ない。でもチャイニーズボップス(といっても香港台湾)と映画(香港)は今でも好きだけど。

・日本のオタクは歩き方でわかる、いや、存在だけでわかる。そしてぼくも間違いなくそれ。

・そういえば日本人女子が腰に上着巻きすぎって書いたけど、ごめんなさい、ぼくも巻きすぎました。あれは便利だ。すみません。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/176-68d5d15b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。