上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピサ落書き


■岐阜市立女子短大生6人、フィレンツェの大聖堂壁に落書き(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080624-OYT1T00570.htm

 岐阜市の市立女子短大(松田之利学長)は24日、学生6人が今年2月に海外研修旅行でイタリア・フィレンツェ市を訪れた際、13世紀から15世紀にかけて建設された「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に落書きしたと発表した。


 同短大はイタリア大使館と大聖堂に謝罪し、学生6人と引率教員2人を学長厳重注意処分にした。

 発表によると、6人はいずれも現在2年生。大聖堂の大理石の壁に縦約30センチ、横約20センチにわたって、日付や自分の名前、短大名などを油性フェルトペンで落書きした。 同3月、日本人旅行者が発見、同短大に連絡して発覚した。6人は「気分が高揚して書いてしまった」などと話しているという。

 同短大は修復費用の負担を申し出たが、大聖堂側から「謝罪してもらえば責任は問わない。費用負担は不要」と連絡があったという。

 大聖堂のあるフィレンツェ市中心部は世界遺産(文化遺産)に登録され、景観や環境の保全が義務付けられている。

(2008年6月24日21時05分 読売新聞)



ぼくもそんなに海外とか行ったことないんだけど、数少ない経験で回ったヨーロッパでも(今回のニュースの舞台フィレンツェを含め)、そのへんの道端はもちろん、歴史的な建物(それこそ世界遺産級)でも、かなり落書きってされていて、もちろん日本人の落書きも相当な数があるけど、中国人のも結構ひどいし、ハングルも目立つし、それ以上にアルファベット(もう何語か判別つかない)のものも、かなりの数があるわけで。


特に、古い塔を上る階段の内壁とか、その塔の頂上とか、落書き天国って感じで。
ぼくも何とかと煙は高いところが好きな、その何とかの方なのでよく螺旋階段を登って塔や大聖堂のてっぺんを目指したりしがちなんだけど(人生においては一度もてっぺんをめざしたことなんてないくせに)、ひどいところは本当にひどい。なぜか白マジック(修正液?)で書かれまくっていたりするし。そんな、白マジックなんて、落書き目的以外日常的に持ち歩かないだろ、みたいな。

このニュースのやつらも、各地で落書きの数々を見て、調子に乗って熱に浮かされたように書いたくらいのことで、何もないところに突然思い立って書き残すほどの気概とか心意気(悪い意味で)があったわけでもないでしょう。もちろん、やったことは言うまでもなくひどいことなんだけど、まあ、小さい小さい。大聖堂側だって、べつに謝罪だけでいいよって言うわ。


ちゅーか、わずかな個人的経験の中で一番ひどいなーと思っているのが、今回のニュースネタと同じくイタリアなんだけど、ピサの斜塔の上のほうの柱に書いてあった日本人名の落書き(画像参照)。
字を見る限り、そのへんの小僧のものとは思えない書体なのだけど、かなり気合いが入っている落書き。しかも塔の性質上(ダラダラ登るわけではなく、時間入替制)か、落書きなんてほとんどないところに突然の連名落書き。日本の恥とか国辱とかいうのは、こういうときになら使ってもいいのかな、と思う。

中西渉と廣井利光。

たぶん教養が著しく欠如しているんだろうけど、いったいどこのどいつかと。

ずっと気になっていたんだけど、こういうタイミングでもないと言う機会もないので、画像つきでのせてみた。


ちなみに、今手元にあったのがこれだけなんだけど、他にも関西のD大(カンカンドウリツの中のD大)の名前入りのやつとか、べつに岐阜の短大生に限らずみんな教養がアレという画像も持っていたりします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/197-948a332b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。