上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリポタ最終巻発売 書店に列
http://mainichi.jp/photo/news/20080723k0000e040023000c.html

世界67カ国の言語に翻訳され、累計4億部を超えるベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの最終第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」(J・K・ローリング著、松岡佑子訳、静山社、上下セット3990円)が、23日発売された。初版は180万部。開店時間を早めた書店には早朝から熱心なファンが詰めかけた。

 日本では99年の第1巻以降の6巻で計2247万部を販売。主人公ハリーの運命が明かされる最終巻は、ファンの関心も特に高い。

 東京都八王子市のくまざわ書店八王子店は発売解禁時刻の午前5時に開店。168人が列を作り、発売を待ちわびた。

 開店前には翻訳者の松岡さんが魔女のコスプレで登場し、「今までで一番おもしろい本がみなさんのもとに届きます。一日で読んでしまわないでね」とメッセージ。ファンと一緒のカウントダウンのあと、1セットずつ手渡した。

 22日正午ごろから並んだ東京都葛飾区の会社員、青木千晶さん(29)は「一気に魔法の世界に運んでくれるハリー・ポッターが大好き。少しでも早く読みたくて並びました。物語が終わってしまうのはさびしい」。胸のうちは複雑なようだ。

 国内最多の販売部数が予想されるツタヤは、予約が過去の約2倍になったことから過去最大の14万部を仕入れた。


mixi日記等を眺めていると、ぼくみたいないやらしいタイプの人間はいやらしいことを書いているので、同様にぼくもいやらしく書くのだけど、もうとっくに原書で読んだよ☆

邦訳版は、文章がカビ臭いので、もう読めない。5巻までは喜んで読んでいましたが。
翻訳の人が税金でトラブル起こしたアレもあるから、あんまり買いたくないし。
装丁や絵もダサいし(英語版のアダルトエディションみたいなやつは、かなりマシな装丁)。
ハリポタなればこそみんな買っているけど、今後あの出版社が何か別の翻訳モノでも出したとき、買う人なんているんだろうか(まあ、本来こういう本の出版を手がける会社じゃなかったと思いますが)。
しかもあの訳のわりに、結構強気なお値段!

ということもあり、買わない。


英語の方は、原書といっても、わざわざ原書なんて畏まるようなものでもなく、中2くらいのレベルの英語なんだけど(たとえば受験生が長文読解の力をつけようと思って手にとっても逆効果なくらい生ぬるい。いや、あたいは大学受験のとき、某流行哲学乙女小説の英語版を手に取りましたけど)、たぶん毎回第一章があんまり盛り上がらない、というか暗いところからはじまる(ハリーとか出てこない)ので、そこで面倒くさくなって読むのをやめる人が多いことで有名(うそですが。ぼくが勝手に言っているだけですが)な英語版ハリポタ。そこだけ超えれば楽なんだけどね…という話を誰かにしたいしたいと思っていたのだけど、どうもまわりにハリポタ読んでいる人がいなくて、全然できなかったー。
誰が死んで誰がアレするのか、6巻最後のアレは実はアレだったとか、死の秘宝ってタイトルどうかと思うよね、とか、もうこれって映画の原作であることを念頭に置きすぎじゃね?とか、オールスター総出演魔法使い大進撃ですね、とか、アンブリッジが出てきて安心したとか、そもそもの前提となる話を共有できない以上誰にもできなかったし、「うわーネタバレすんな殺す」的なやり取りすらできなかった。

べつに、面白さを誰かと共有したいわけじゃない。
人より多少先んじて知ってしまったことをペラペラ話して嫌われるという、あの快感を、まったく味わうことができないまま、この日がやってきてしまったことが切ない。

もうね、発売前の書店の行列に並んで、ぶつぶつ話そうかと思ったもの。双子のアレがアレしてアレはアレするとか、マッドアイムーディはアレするんだけどそのアレがアレにアレでとか、杖を名前を言っちゃいけないアレがアレするんだけど実はアレでとか、ハリポタの杖のレプリカ売ってるけど、今は全然売れていないであろうあのキャラの杖がそのうち品薄になるんじゃね?とか(このへんの杖の行き来に関するあたりは、本当に面白かった)。杖といえば、この話のオチというか、エピローグに入る前のラストシーンは、とても気持ちよく読めて、本当によかったよかっためでたしめでたしと。
なんか途中から感想になったけど、まあいいや。


ちゅーか、書店に並んだ人たち、並ぶのはいいけどよく1年も待てたなと。その堪え性は見習いたい。コスプレ準備して買いに来る気力を、一日一ページでも既に出ている本を読み進めることに向けなかったその努力の無駄遣いは、嫌いじゃない。少しでも早く読みたくて並んだ29歳の会社員も、買いに来るほど仕事が暇なら、その仕事中にでも読んどきゃよかったのに。

と、なんかもう楽しみなことがあると全然我慢できなくてうずうずしてしまい、たとえばフラゲできるCDがあれば迷わず前日にCD屋に行くような、なかなか楽しみを後に取っておけない愚かで情けないぼくは、そう思ってしまいます。


ちゅーか、本はさておき、これは本当に、たとえば2章か3章あたりでハリーのおじさんの家を出て行くシーンの仕掛けにはじまり映像になったときにニヤリと楽しめる要素が大きいと思うので、べつに本読まなくても映画見ればいいと思うし、むしろ、映画見てこその完結だとは思いますよ。ほんとに。
まあ、あの、キャラてんこもり総出演な感じは、たとえば年末に第九の演奏会でボーナスをアレするような、まあ、そういう感じの何かで、それはそれで、好きですが。ファンとしても、「アンブリッジが出なかった!」とか激昂することなく気持ちよく終われますしね。


追伸
本の中に登場する"The Tales of Beedle the Bard"(アマゾンが高値で落札したアレ)、つい最近まで"Beedle the Bird"と、何かの鳥が語った話という設定なのかと勘違いしておりました。
バカですみません。ちゅーか気づきもしなかったけど、気づいてもBard=吟遊詩人なんて知らね。

と、こういう話も誰にもできなかった。
本当に、売れているんだろうか、ハリポタって。


ちゅーか、いい年してハリーのビルドゥングスロマン的な何かに共感できるというのは、現実にはダメな人間の要素が強いぼくみたいな男に特有の情けなさの象徴であり、そう考えると、まあ、あんまり読んでる人いないのかもねー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/203-2562d973
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。