上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打ち水が何かおかしい。

ということを、すっかり涼しいどころか肌寒ささえ感じる今日この頃に、考えてみる。
ここ数年「打ち水大作戦」というものが、ちょっとはやっていることになっているんだけど、どうも、何か変な気がする。

ぼく自身の話で言えば、アキバの「うち水っ娘大集合!」には2回参加(といっても自分で打ち水するわけではなく、メイドさん+アイドルイベント)しているし、今年の夏は、涼をとるためにベランダに打ち水するくらいのことはやっているので、打ち水という行為そのものを否定するわけではないどころか、むしろ肯定し実行しているのだけれど、それはそれ。


まず、最近の打ち水は、地球温暖化対策という文脈で語られることが多いようなんだけど、それってどうなんだろう、という。

打ち水って、水を撒いた後の気化熱だとか、吹き込む風(本当か?)で涼しく感じるということなんだけど、それってべつに地球の温度は下げていないわけで。水を撒いた自分の目の前は涼しくなるけれど、そこから上のほう(?)に行った熱量は、結局地球の中にあるよね、的な。
にもかかわらず、打ち水即ち温暖化対策、として何か言っている人が結構いる。
「打ち水大作戦」自体のコンセプトは、もちろんそういう直接的なものではないのだけど、なぜか打ち水即ち温暖化対策という感覚がひとりあるきしている。エラい政治家のセンセイがそういうことを言ったりもしている。

ちなみに、打ち水が温暖化対策になるには、水を撒いたりして「いま・ここ」の体感温度を下げるだけではなく、たぶんそこからさらにエアコンを止めたり設定温度を高くしたりして電力の消費量を下げることで…という行為が必要なはずなのだけど、そのへんの一番大事な、むしろ水打たないでそれしろよ、と言いたくもなる要素は忘れたかのように、打ち水=温暖化対策と語られても、なんだか不思議な感じ。風が吹けば桶屋が儲かる。水を撒けば地球が涼しくなる?

うちみず2007年の打ち水ポスターに書かれたコピーは「打ち水やらない?温暖化とめない?」というものだけど、まあ、こういうことを言われたら、打ち水即温暖化対策と思う人も、たくさんいるでしょうね。「いま・ここ」はたしかに体感温度下がるだろうし。
そうか、意図的に勘違いをさせようとでもしているのか。

もう一度言うけど、べつに水を撒いても全体的に見れば熱量は消滅しない。

まあ、そういう理屈なら、べつに打ち水じゃなくてもいいわけで。
辛いカレーを食べて汗かいて涼をとることでエアコンの設定温度下げて温暖化対策、怪談を読んでぞっとすることで涼をとってエアコンの(略)、でも、もうなんでもいい。
というか、辛いカレーで涼しくというのは、まさに暑いインドで辛いものを食べる根拠だし、怪談でぞっとするというのも江戸の人がやっていた(ことになっている)ものか。
じゃあ次の夏は「カレー食べない?温暖化とめない?」で、カレー大作戦でもはじめようか。はじめないけど。あ、いや、個人的には実行しているけど。

ここまで書いて、もう一度言うけど、個人的にはべつに打ち水は否定しない。というか自分でもしている。

でも、なんだか、打ち水を推進している団体が、気になる。

いや、あくまで個人的感想でいえば、2年前くらいの打ち水イベントで完全メイド宣言の打ち水を目の前で見たり、完全メイド宣言ライブも見ることができたりして感謝しているんだけど、それはそれ。

なんとなく書いてみる。

○wikipediaの打ち水の項目、特に前半が、ものすごく彼らの主張・宣伝そのまますぎて気持ち悪い。

○打ち水Q&A(http://www.uchimizu.jp/08/mondo.html)が、きちんとしたやりとりになっていない気がする。
読んでみると、実は論点をずらしてきちんと回答していなかったり、文体がやけにカジュアル(とかとか言いまくったり。頭は弱いけど「俺っていいことしてるんだぜ」と調子に乗っている瞳孔開いたアレな坊やに多いカジュアルさ)だったり、かと思えば怪しい団体の人が信用するに足りないつまらない数式で煙に巻いたりと、個人のブログやサイトならさておき、まともな団体のFAQの体をなしていない。
特に、数式を持ち出す外部団体の人が、疑似科学で善人をだますあの人たちの仲間にしかみえない。

○代表が、なんかあやしい。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/070717_uchimizu/
なんとなくあやしい。

○その他もろもろ
・数字が変。「打ち水参加者」の試算が適当すぎる…。安直すぎるのか。狙っているのか。狙っているんだろうけど。(http://www.uchimizu.jp/08/kawaraban.html
・打ち水推奨する時間が昼だったり朝夕だったり。
・一度使った水云々に異常にこだわりすぎ。
・おおもとの組織である「日本水フォーラム(http://www.waterforum.jp/jpn/)」の会長が森さん(元総理の)だったり、いろんなイベントやらなにやらで政治とつながりが強すぎる気がする。べつに自民党嫌いとかじゃないんで、それはいいんですけど。しかし簡単においしすぎる環境アピールになるわな。特にこう、打ち水即温暖化対策と受け取られる今日この頃では。ちなみに打ち水に関連して小池百合子の名前が出てきすぎ。
まあ、そういう背景もあるわけで、仮にカレーを食べて夏をアレする委員会なんて作っちゃっても、誰も後ろ盾になってくれませんよ、と。
そのうち、もうすこし打ち水ムーブメントが温まったら自民の比例で打ち水の人が出てきたりするんじゃねえの?ぼくがアンチ自民ならもっといろいろ書きたいところだけど。今はこのへんで。

・こういう環境っぽいことやっていると、協賛とかくぁwせdrftgyふじこlp;。

まあ、そんな感じ。
とりえず今日はこのへんで。


あと、ほんと、打ち水自体は肯定派であり実行派なんですけど、ただ、日本の夏の暑さって、温度はさておき湿度の影響が大きいのは周知の通りで、たとえば、日差しが強くて温度が高いけど乾燥している海外の町から帰ってきたときの東京のあの肌にまとわりつく空気ときたら、たまらないものがあるわけで。
そこに水をまいて水蒸気を増やすわけですよね。
いや、ぼくもやってますけど。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/208-9293d8e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。