上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/1(日)に、二月大歌舞伎。幸いにして初日から昼夜通しで。一等席。
こんなにうれしいことはない。

ということで、今回は周りの客の悪口を書く暇もなく、駆け足で歌舞伎の話。
【昼の部】
一階真ん中より少しだけ後ろの席にて。

○菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

有名な「菅原伝授手習鑑」(の一部)。
菅原道真のアレをベースに、団子3兄弟(松・梅・桜)が、主人の関係で対立して喧嘩したり腹を切ったり。

・加茂堤
牛車の中で親王と姫様がいちゃいちゃというか、まあ、やっちゃってるんですけど。牛車の中で親王が悶えていたり、手水じゃきっと足りないから行水しなきゃいけないかも、みたいなセリフだったり、これは子供には見せられんわ。「どういう意味?」とか聞かれて説明できませんわ。(まあ、そういう予定もないですけど)

・賀の祝
いきなり!染五郎と!松緑が!兄弟喧嘩!
なにこの豪華すぎる兄弟喧嘩。しかもかわいい。強かわいい。
うちでも「ちくしょう、ちくしょう、どちくしょう!」とか言ってみたい(言ったら弟に殺される)。

○京鹿子娘二人道成寺

これを見るために生きてきた、と言ってもそれほど間違ってはいない。
玉三郎と菊之助の踊り。
以前、雑誌で二人で踊っている写真を見て以来、「うわ、なんで俺は今まで生きてきてこれを見ていないのか!」とそれまでの無駄すぎた人生を悔いて以来…まあ、意外と早く見る事ができた。

しかしこれがまた、期待に違わぬ美しさ。

時にシンクロし、時に動となり静となり。その姿を的確に表現し説明する言葉を持たないことが残念だけど、でも、言葉で語ろうとすればするほど遠ざかっていくだけのような気もするので、それもいい。
スタンドに例えるなら、承太郎とスタープラチナが一緒に踊ってるようなもの。何かもっといい例があるかもしれないけど。なんだかすごく的外れなことを言ってしまった。というか、スタンドみたいな感じ、ということが言いたかっただけ。

とはいえ、菊之助がすごく綺麗なのはよく知っているんだけど、玉三郎と並ぶと、しかしこういうことになるのか…というのは発見であり、玉三郎の神格とでも言うべきものをひたすら噛みしめる…。

踊る前の坊さん勢揃いもある意味壮観で、坊さんトークもまた面白かった。
あ、しかし、途中で手ぬぐい投げるんだけど、せいぜい前方5列目までくらいしか届いていないこの悔しさときたら。

○人情噺文七元結

おなじみの、文七元結。
一昨年見たのが勘三郎で、それは山田洋次監督作品ということで、後にソニービルの展示なんかで見て気付かされたことでもあるのだけど、それは穴だらけの障子やセットのボロボロ感、爪の先に至るまでのリアリティにこだわっていて、それはさすがにとても素晴らしくて、だから今回はそれほど、見なくてもいいやとすら思ってもいたのだけど、これがどうして。やっぱり面白い。

50両を失って死のうとする文七(菊之助)に、娘が身を売ってつくった50両を、人の命には変えられないと押し付けて去った菊五郎。それを見送り、あんな汚い職人が50両なんてもっているはずもないだろうバカにしやがって…と思ったら本当に50両。呆然と、「だ…旦那ぁ」と、ここでチョンと鳴り幕切れ。
その瞬間の、肌が粟立ち身震いする感じ。脳から視野を通して見る世界と、この身を貫く脊椎が共振する感じ。
ストーリーもこの後の展開も落ちも、もちろんこのシーンも、わかって見ているけれど、それでも、あの瞬間の菊之助に自らの内側にある何かが震えた。

何回見ても役者を変えて何百何千回演じられても、相変わらずの震えるような力が世の中にはあって、それを手にすることは難しくても、その一端を垣間見る幸せを得ることは、こうしてぼくにでも簡単にできた。

ちなみに、渋谷の交番の裏にある、お姉さんがいろいろサービスしてくれるらしいお店が「角海老」で、文七元結にも「角海老」の名が出てくるわけで、何か関わりがあるのかなーと思って調べたら一瞬で答えがわかったどころか、揚巻の三浦屋まで関係あったという。

http://www.kadoebi.biz/companion/kadoebi.html

よく前を通るのに何も知らなかった、無知って怖いなあ、と思うけど、さすがにこういうことは、筋書きには書いてない。
しかしこれは、一度行っておくべきなんじゃないだろうか。
いい席で歌舞伎を見るくらいの料金は(一幕くらいの時間に)かかると思いますけど。


【夜の部】
昼から引き続き夜の部。

しかし、引き続きとは言いながら、4時に昼の部が終わって歌舞伎座を出て、小走りに三越まで走ってお弁当(前から気になっていた天むす)を買い、また小走りに歌舞伎座に向かいつつまだ時間に余裕があるので、「これでうっかり時間が過ぎてしまったら、蛇足ってこのことじゃないのか」と思いながらスタバに寄ってコーヒーを手に歌舞伎座に戻ってもまだ少し余裕があるので、なんか豆を茹でたのにアイスを載せたデザート(昼から気になっていた)をおやつに食べて…という、なんだかいつもモタモタしているぼくにしては濃密な30分の布石の後の、夜の部。

ちなみに夜の部は幸いなことに一列目で。
歌舞伎座一列目は、たぶんはじめてじゃないか。
もちろん、多少見づらい部分もあって、それはそれでアレなんだけど、そうは言っても一番前ですからねー。染様とか目の前で見上げるわけですからねー。
ガンガン目があうし(と自分では思っている)。富樫の家来の人とは、間違いなく見つめあった。

○倭仮名在原系図 蘭平物狂

誰が出るかもチェックせずに行ったのだけど、三津五郎に震えた。
いやー、まったく油断油断。

なんと言っても二幕目の立ち回りが本当にすごいんだけど、それまでの一幕目のやりとり…というか、歌舞伎のくせに(と敢えて言う。自分の中から異論もでるけど、敢えて言う)意外なことに騙し騙されな物語が曲者。

仇討ちの機会を狙い身分を偽り奇病でごまかしつつ好機を伺っているとその仇討ちの相手を殺しに現れた別の男(しかも身分を偽ってあらわれていた)が元の身分も嘘で実は同目的で現れた弟。感動の対面!と思ったらなんと主人公の正体も既にバレていて、しかも実は弟と思った相手は敵側の人間でしたー。じゃーん。って、何段階詐称しているのかと、非常にくやしいじゃないか、これ。しかも昼は昼で兄弟喧嘩とか末弟の切腹とか見た後だし。
さらに終いには実の息子との立ち回りだとか。

しかし、もう、これが、立ち回りの話に戻るのだけど、いやー、盛り上がる。
一列目で見ていると、後ろの方から、カイジで言うところの「ざわ…ざわ…」ってのはこの感覚か!と実感してしまうような「ざわ…」が津波のように押し寄せる感じ。特に2階3階から落ちてくる感じ。まさに、音にならない(いや、音も伝わってくるけど)「ざわ…」感。オンエアバトルでいえば、玉がゴロゴロいつまでも転がってくるような空気。

危険技がいくつも登場するわけだけど(ハシゴの上でひっくり返ったり、井戸の屋根からひっくり返って落ちたり、井戸に落ちたり上がってきたり)、これで盛り上がらないはずがなく、そのたびに「ざわ…」。一列目、見づらい部分もあって、特に花道なんて首が痛くなるほど振り返らないといかないつらさもあったのだけど、この、ざわ感の伝播は結構面白い。

その盛り上がりのまま、しかし、騙し騙され骨肉アレする物語ながら、意外にもさっぱり気持ちよくめでたく幕切れ。

○勧進帳

そうやって客席が温まったところで、おなじみの勧進帳。
いやー、もう、こう盛り上がりが続くと昼からずっと寝る暇がない。

弁慶(吉右衛門)かっこいいなあ。
というのは、もう言うまでもないことなんですけど。
四天王が本当に、染五郎とか松緑とか菊之助とか、なにこの豪華さ。見るべきところがありすぎるこの贅沢。

弁慶の、富樫の、セリフのひとつひとつが、もう、見ていて手に力が入りすぎる。
義経の存在感も意外とばっちり。

今回は、富樫の真下の席から見たせいか、余計に富樫側に感情移入、というより、その家臣の一人になりきって見てしまったかのような感覚。弁慶を責め立て、「アッー義経じゃん!(ていうか目出ちすぎ)」と思いつつ、やはり弁慶の男気に泣き、見送るまでの思い。四天王たちとのほどよい距離感も、「こっち側」の感じ。

見れば見るほど、のめり込める魅力がある。

ふと思い返すと、去年は正当な歌舞伎の勧進帳の他に、落語家演ずるところの(といっても真面目な)勧進帳を見たのだけど、正蔵の弁慶はさておき、桂小米朝(後の米團治である)の富樫が、本当にかっこよかった。
若さと男気と勢いと、あの富樫はもう一回見たい。

しかし、見ながらふと思い返したのだけど、たしか中学の音楽の教科書に勧進帳が載っていて、とはいえたぶん授業でビデオでも見たようなことは全然なくて、でも教科書は隅から隅まで見るような子だったので何度も授業中に読んでいたのだけど、そういえば、中高生の頃持っていたイメージとしては、「歌舞伎なんて何言ってるかわかんねえよ」というものがあった。で、まあ、わからなくてもべつにいいとは思うんだけど、しかしこうして聞いていてふと気付くのだけど、十中八九、いや、もっと、こんな時代がかった演目であっても、大体普通に聞ける。聞こうと思えば大体わかる。寝てればそりゃ聞けない。
べつに聞かなくてものんきに見ていればいいんだけど。

とはいえ、勧進帳というのが、昔から大人気でとても魅力的な舞台であることは当然で、歌舞伎というものを代表する演目である事は誰もが認めるわけだけど、そんなもの、田舎の中学生に見せても(見せてもらってないけど)わかるのか、という疑問はあって。むしろ何の知識も感受性もないところに(敢えて無いと言う)ビデオか何かで見せられたところで、それは、大方の小僧っ子にとっては、歌舞伎を敬遠し自分とは縁遠いものと思わされるだけではないのか。
ん?まあ、学校というのは、そういう感覚、文化的な意味での格差をも教え込む場所なのかな。
まあ、世の中にはいい年して義経とか頼朝とか判官贔屓とか鎌倉幕府を誰が開いた(1192か1185かあるいは他の年か以前の問題)とか、そういうことも知らない大人が平気な顔をして生きてますからね。そんな人が勧進帳を見てどう思うのか、それはそれで知りたい気もするけど。
とはいえ、格差を勘違いして大人になると、下手するとぼくみたいな薄汚い貧乏人が得意気に歌舞伎座一階の席なんかに座ったりしますからね。大変申し訳ない。

でも、もしニホンコライのデントウブンカのイジが云々でそれを後々のナンチャラで…と教科書屋さんが思ったりするんだったら、ひょっとしたら勧進帳よりも、もっとわかりやすくノリやすく、セリフそのものがスウィングのようで、ものを知らなくても簡単に楽しめるような演目があるんじゃないだろうか。

そう、たとえばこの次の演目、三人吉三のような。

○三人吉三巴白浪
・大川端庚申塚の場

ということでおなじみ三人吉三。

もし、死ぬまでにあと一幕しか歌舞伎が見られないけど、好きなものを一幕だけ見せてやるって言われたら、たぶんぼくはこの三人吉三の有名な冒頭のシーンを挙げるだろう。

それくらい好きな演目であり、また、かつて、「歌舞伎、いいじゃん」とはじめて心底思わされた、そんな演目でもある。(なんか書き方が偉そうになってきた…)

しかも!
今回は玉三郎(お嬢吉三)、染五郎(お坊吉三)、松緑(和尚吉三)。
なにこの豪華キャスト。
個人的に豪華すぎて逆立ちしながら身悶えしたくなる。

まず玉三郎が、あの玉三郎が、男になるわけですよ。男に。
なんか、もう、いろいろと、現実と虚構の境目がなんちゃらかんちゃらでうんたらかんたらとか、悩んでしまう。え、だって、玉三郎が、男?そんなわけないじゃん!という。
しかしまたこれがかっこいい。そこで月も朧に白魚の…と、例の名調子。

と思ったら、またここで人類史上五指に入るくらいのかっこよさを誇る染様のお坊吉三。
染様のお坊吉三は一昨年見たけど、相変わらずのかっこよさ。抱かれたい。

そして開闢以来の美を誇る二人が並び立ち、名台詞の応酬の後、斬り合う。
なんだ、ただの奇跡か。

と思ったらそこに松緑の和尚吉三。じゃーん。
Perfumeでいえば、あーちゃん登場!みたいな感じ。かしゆかがお嬢で、のっちがお坊。
無理やりすぎるそのたとえ。

はい、もうこれは見たほうがいい。騙されたと思って見に行った方がいい。

しかし三人吉三を通しで見たい。もし今死んでしまうとして、ひとつ大きな心残りとなるのはそのこと。かつてのコクーンの三人吉三、チケットが取れなかったけど(その頃はそこまで思いいれもなかったので)さっぱりあきらめた、あの愚かな自分が、大きな心残りだ。

そんな感じで、たとえ一等席でもさすがに一日中は臀部が痛くなるわムズムズするわで幕間はずっとウロウロしたりもしたのだけど、まったく、最初から最後までハズレなし寝る暇なしの一日でございました。

=====
おなじみ、書くだけでいったい何様かと反感を買いまくりの、周りの客への憎まれ口は、今回書く暇なし。

本当は,後ろを振り返ったら(一列目から花道を見る時にはかなり振り返らないといけないので)そこにいた、なんかずっと偉そうに腕組みで身動きしない「あたしってもう歌舞伎慣れしてるから、この程度じゃ拍手なんてしないのよ!ふん」的な、アゴから首までのふくよかな肉・脂が水平(むしろ下降気味)に推移しているため、アゴ首ラインがはっきりしないセイウチ的小太りおばさんを見て思った、「みんなが拍手しているからってかならずしも空気を読んでまで拍手する必要はないんだけど、でも、それって、べつに空気空気の世の中に対するアンチテーゼには決してならなくて、そういう態度で見るくらいなら、来なきゃいいんじゃないか」、という違和感について書きたかったんだけど、あ、ていうか結局書いた。

=====
いろいろ他の人の感想を見ていたりすると、たまーに、非常に"目の肥えた"方々がいらっしゃって、不平不満が脳髄から溢れているようなんですが、まあ、皆様賢いこと。上に書いた小太りおばさんのような態度で腕組んで難しいこと(人間の孤独と絶望とか)を考えていらっしゃるのだと思いますが、まあ、なんか、楽しくない面白くないのに残り少ない人生、何時間も歌舞伎に費やして大変だなーと思います。
ああ、ぼくちんバカでよかった。と言わざるを得ない。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/229-322e81eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。