上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.01.01 キモノ。
過去ログ掘り起こし。

ただの日記です。

キモノ。

2004/6/10(木)

最近若い世代の間で、着物を着てふらふら遊び歩くことが流行っていたりするらしいことはみなさんご存知だと思います。ぼく自身着物はべつに嫌いじゃない。いわゆる着物萌えでこそないにしてもいいものはいいと思う。
でも、実際街でそういう流行りもの好きの人たちを見かけると、ちょっと首をかしげてしまう。というか、そういうのやめたほうがいいんじゃないの?と思ってしまうことが多いのです。いや、着物をやめるんじゃなくてね。

住んでいる場所柄か、よく若いお姉さんが和服着てぶらぶら遊び歩いていたりするんですが(遊女とかじゃなくて、普通の小娘ね)どいつもこいつも、揃いも揃って歩き方が汚いの。下駄とかそういうのを履いて歩く、その歩き方がもう見てらんない。もちろん、綺麗な歩き方の基準が、同じく場所柄見かける芸者のお姐さんたちだったりするから厳しいと思われるかもしれないけど。でも、ためしにいつかそういう小娘に会ったら、まずは足下をご覧なさい。ほんとにがっかりしちゃうから。本物か偽物か、すぐにわかるから。

そういや銀座で飯食ってた時に、上から見ていたら着物の女の人(若め、太め)が地下鉄の駅から出てきたんですけど、これがまたすごいんですよ。前述の汚い歩き方ってのは、まあ、著しくがにまただったり足が下駄にあっていなかったりとかその程度なんだけど、こいつときたら、ものすごい大手を振って、ものすごい大股でのしのし進んでいるんですよ。着物を着た自分が大好きな人で、もっとあたしを見て、みたいな感じでアクションが大きくなってしまったのかもしれないんですけど、普通に見てらんないから。裾とかはだけまくりだから。着物を着ているというより、着ていない。

あとね、こないだまたぶらぶら歩いていたら、洋服に下駄を履いて、ひょっとしたらバンカラでも気取っているのかもしれないけど、おかしな洋装のあんちゃんがいたんですよ。
こいつがまたすんごい歩き方というか、むしろ歩けてないのね。ひょこひょこと、というかずるずると、というか、いや、別に足が悪いとかそういう歩き方じゃないんですよ。結局西洋風の足運びだから、そうなっちゃう。なんつーか、そいつの場合、ほら、小さい頃に、ぶかぶかにも関わらず大人の靴を履いてずるずると歩いたことってありませんでした?まさにあんな雰囲気なんですよね。下駄を履いているんじゃない。下駄に履かれている。間違いない。

ちゅーか、つまり靴的な歩き方で和装するから変なことになるわけだけど、逆に靴信者、西洋歩き信者の人から見れば、ぼくら日本人の歩き方はなっていない、醜い、ということになっているし、それもなんとなくわかる。そしてそこには、旧来の日本の歩き方が反映されていることになっているのだけど、だからといって、日本的な歩き方ができるのかといえば、かならずしもできていない。どっちつかずなんですよね。

あ、今回も特に落ちはないですよ。
べつに、着物を着る前にやることがあるだろ、とかそういうこと言うつもりはないし、どんどんみんな着たり履いたり、あるいは着られたり履かれたりすればいいと思う。綺麗におさめるつもりじゃないけど、実際ずっとやってれば馴染んでくるかもしれませんし。もちろん悪いクセがひどくなることも考えられますが。

まあ、浅草の外人向けの日本土産を見て、あんなのは本物の日本じゃないとか、だまされてるよ、とか知った顔で言うやつらも少なくないんですが、実際お前らも偽物なんじゃないんですか、ということです。着物の話だけでなく。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/24-f8125480
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。