上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝から歯医者に行ったら(歯石取り)、恒例の「あれ、何か柔らかいものが当たっていませんか?」なアレが今日はやけに接触面が広範囲で、下乳の感触をずっと感じていました。しかも、今にして思えばわりと生に近い感触…?
特にそれらしいこともないクリスマスイブですが、これはサンタさんからの贈り物でしょうか?

=====
日本人のくせに…だとか、仏教徒のくせに…といった批判も例年聞こえてくるクリスマスやクリスマスイブですが。

歴史や時間の観念について考えたときに(というかこないだのディケイドの件でそういった概念を思い出したわけですが)、直線的といわれる西洋文明の時間の中で、キリスト教以前の土着の信仰や習俗と結びついていることも指摘されるクリスマスや、日本の年神やら何やらとも比較され得るサンタクロースの存在は、
「日本人だから関係ない」
「仏教徒だからサンタはこない」
とむやみに否定すればいいというものではなく、むしろ日本人ならではの楽しみ、というものが可能なんだなー、と今頃気付いた(そして、多くの人は実際にそうやって楽しんでいる)。

特に、ヘタに知識ばかり積み重ねていた幼い日のぼくは、小4くらいの頃にテレビで見たセント・ニコラウス⇒サンタクロースという限られた起源だけがすりこまれ、ずっと、その限られた一面しか見ていなかったけれど、そこに淘汰されつつ結びついたキリスト教以前のヨーロッパがまったく見えていなかった。まあ、小中学生でそれは無理ですが。
しかし大人になっても、黒サンタは知っていたのに、そこから一歩進む発想がなかったわけで(また知識だけ)。

そんな背景のひとつに気付いた今は、しかし時既に遅く、特にクリスマスを楽しむような状況ではない、この暗い人生。
こんな暗く重い感じで円環構造が続くのでしょうか?続きそうですね。

まあ、それでも、クリスマスやお正月といった、時間の円環を感じるイベントは大切にしたい気がしてきた今日この頃。

=====
と、そんなことを思ったのは、先日の『仮面ライダーディケイド』のテレビ最終回に関する白倉プロデューサーの種明かしすぎなくらいわかりやすい説明(コレ)がきっかけだったのですが、やはり小耳に挟んだ感じでは、「あたしゃ認めないよ」といった反応が少なからずある様子。

そういうのはさておき。

劇場版ディケイドはまだ見ていないし、まったく情報も入れていない(というか面白いくらい入ってこない)ので、勝手に妄想を膨らませているのですが、ひょっとしたら、「ディケイド」が持っていた、ひいては仮面ライダーというシリーズが持ち得ていた円環構造(あるいは永劫回帰の万華鏡、あるいはその終わらなさ)をぶち壊す何かを表明しているのではないか!?と、勝手に思いついてしまったけど実際はどうなんでしょうか。早く見たいわ(むしろ見ないほうがいいかもしれない!?)。


全然違っても、まあそれはそれでいいんですが。ちなみに、ウルトラマンは何度かそれを壊そうとしていたはず(それであの体たらくか?)。

=====
壊すといえば、さっき鳩山首相が記者会見を開いていた。

ずっと前から表明している通り民主嫌い(というかべつに好き嫌いの問題じゃないんだけど、わかりやすくそう呼ぶ)のぼくとしては、ずっと鳩山はやめとけって言っているのに、こんな小僧の声なんて誰にも届かないので日本はこの体たらく。

もちろん自民なら万全だったわけではないけれど、選挙前に「一回まかせてみよう」とか言っていたやつらは今何をしているのか。

でも、実は最近(ここ1~2ヶ月くらい)鳩山が辞めたら相当危ない気がしている。

べつに鳩山に続けて欲しいわけじゃなくて。

鳩山の次の政権で、一気にとんでもないことになるような気がして仕方ない(それが小沢か、何か別のものかは知りませんが)。

って、前にも書いた気がするけど。また書いてみました。

十年後二十年後に、あの頃が失敗だったね、と言われることはたぶん間違いない。でも、それすら「まだまし」に思えてしまう事態がやってくるのではないかと。

民主政権の悪い部分・いやな部分・残念な部分(だいたい全部)。そんないろんなものがたまりにたまっても全部鳩山が引き受けて消えていき、そしてそのカタルシスが何に結びつくのか。

万華鏡は打ち壊されねばならない?

それとも回し続けた方がいいのか。いや、ちゃんと回るのか。

=====
二、三の思い付きをメモしておくだけの予定がなんだか無闇に長くなってしまった。

ちなみに明日も歯医者へ行く(クリスマスだというのに)。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/264-fe3fb3a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。