上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いわゆるBL歌舞伎として話題の「染模様恩愛御書」。

初日から観てきた。

ひとまずストーリーや内容についての感想はさておき。

とりあえず腐女子がうざい。

大事なことなのでもう一度書きます。

腐 女 子 が う ざ い 。

すぐそばに、明らかに腐女子というか貴腐人が座っていたようで、それほどおかしくないところでキャキャキャキャキャと甲高い声でその女性が笑いだす。

おかしくないところというか…つまりBL風の描写が少しでもあらわれると何をアピールしているのかしらないけど発狂して笑い出している。

たとえば、いわゆる大根役者が演っている芝居に対して、悪意を向けてシリアスなシーンで笑うという選択肢はあると思うけど、この場合それはない(と思う)。

たぶんその女性は、テニスの王子様ミュージカルかなにかと勘違いしている。

801ちゃんの描写で、擬態のボディから本体の801ちゃんが飛び出して発狂する姿がよく描かれているけど、まさにアレ。

801ちゃんはかわいいから騙されがちだけど、目の前にいると黙れくそ女と言いたくなる。言いませんけど。怖いから。

そして801ちゃん(マンガの)とその友人たちはみんなかわいいから勘違いしがちだけど、実際の腐女子はそうでもない。その腐の連れも含めて、むしろあんまりビジュアル的には…。
それがケケケケケと大事な場面で笑い出したら…。そりゃもう、我慢ならん。
今回、2階席1列目だったんだけど、同じような状況に置かれた場合、そのまま下に放り投げる人もいるんじゃないだろうか。

今年に入ってから歌舞伎も随分観ながら思うところあって感想とか何だとか書くのは控えていたんだけど、ひょっとして、これからこのBL歌舞伎「染模様恩愛御書」を観に行く腐女子の方がこのクソブログを間違ってみることもあるかもしれないので、敢えてこうして書き残してみることにした次第でございました。

というわけで、染五郎も愛之助も大好きで抱かれたいと常々思っていた私(当方男ですが)の偏光フィルターを抜きにしても美しく面白く楽しくヒートアップしてキュンキュンしつつ、しかもかなりわかりやすい舞台の内容は敢えて書かずに、腐女子の方に向けて、「これはテニスの王子様ミュージカルではないのだよ」ということを伝えようという願いを込めつつ、今日はこれにて。

あ、でも本当にわかりやすくて面白い(横に腐女子がいなければ)ので、男女問わずにBLとか衆道とかはひとまず横において観るといいと思います。

==========
※2010/3/11追記
コメント欄も少し盛り上がりました(というか無理矢理盛り上げました)ので、お暇ならぜひ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/274-3559f937
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。