上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ただの日記を続けてみるテスト。

朝,10時上映から「まどか☆マギカ」前編を鑑賞。一度出社しその後書店。「辺境ラジオ」「9条どうでしょう」橋本治の大江戸歌舞伎の本を購入。昼食はムルギー、玉子入り大盛り。会社に戻る。大した話題はなし。21時前に東急地下で弁当購入、急ぎ食す(なぜならば時間がなかったから)。その後「まどか☆マギカ」後編。隣の客が香水臭い。23時30分頃終了。

帰りの電車で「謎解きはディナーの後で」読了。執事が現場で八面六臂の大活躍をするような形式を想像していたが、全体的に事件現場編→推理編…というより、簡単な推理クイズ→それを嬉々として解くミステリーファン(の分身のような執事)という、これはこれで(最初は物足りなかったものの)わかりやすく回を重ねると痛快にはなる。だからといって続きや同じ作者の他の本が読みたくなるわけではないけれど。
お嬢様の「お金持ちっぽさ」がわかりやすい記号ばかりで(狙ってそういうことになっているんだろうけど)片腹痛し。

昨夜は川島海荷のキョンシードラマを視聴。内容は大したことないが、子供の頃は「かまれると怖い」存在だったキョンシーに、今見てみるとむしろ「先祖をちゃんと祀らないと何らかの形で祟る」という(おそらく人類に普遍的な)考えがあるとわかる。…というのは「霊幻道士」を見て思ったことで、海荷キョンシーにはそういった要素はまったくない。

しかし"礼"を軽んじたり誤った結果やってくるキョンシーを鎮めるのが儒者ではなく道士というのは興味深い。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/291-15b042a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。