上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代休をとって歌舞伎の日。

もろもろ計画するも、『純と愛』を見てそのまま二度寝。昼過ぎに起床。テレ東で『ロミオマストダイ』を見てしまう。二度寝のせいで、鰻の予定がふいに。ロミオ-のせいでカレーの第二案も中止。結局ロミオ-を見ながら残り物と納豆で昼食。

その後新橋演舞場へ。今日は夜の部。「御所五郎蔵」と「勧進帳」。千穐楽ながら、平日のせいか、染五郎がいないせいか、空席が目立つ。
帰宅後、アンコウ鍋と海老。今シーズン初の燗酒。『トッツィー』を見ながら。

▼歌舞伎。
今回の勧進帳は、幸四郎の弁慶と、團十郎の富樫。そして太刀持ちが金太郎。よそのお子さんながら、あんなに凛々しくお育ちになっておられるとは…。お父上不在の演舞場で実にご立派なお姿でございました。(と、まったくの他人ながら思ってしまうくらいの姿)

それはさておき。

前席の老女が前かがみで、すこぶる見づらい。
お願いだから、3階で後ろに客がいる場合は、前かがみになって観るのは控えて下さい(と、何かの間違いでここを読んでいる人にお願い)。ついでに両サイドの席でも、前かがみになると隣の客の視界を遮ることが多いのでお気をつけください。
誰もあなたの、女性なのに薄くなった手入れもされていない汚い毛髪なんて見たくないんです。あなたも、地肌が透けかけたぼさぼさ枝毛の老いた頭部なんて、他人に見られたくないでしょう?あ、ご自分ではお気付きにならないかもしれませんが(正面しか鏡で確認しないから)、後ろや斜め後ろから見ると、あなたの髪、かなりヤバいですよ。

お気をつけあれ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/305-67cb8f1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。