上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満を持して初日午前に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』鑑賞。会社にはいつも遅れて行くくせに(げ、まじで?)、同じ渋谷でもこんな時はちゃんと間に合う(ギリギリとはいえ)という不思議。不思議じゃないか。そんなもんか。

驚いたことに、上映直前のトイレの入り口で尊敬(ちょっと言いすぎか。ひとかどの人物としてリスペクトするくらいのアレです)するO氏と出会ったのですが、それについては直接こちらを見ていただいた方が話が早い。
↓↓↓↓↓↓
https://twitter.com/koutaotani/status/269673362626838528
何が起きたのかよくわからなかったので、あまりお話しできませんでしたが。

===

さて、もう公開4日で100万人以上見たんだから、何を書いても良いでしょう。

まだ一度しか見ていないので、もう一回見たらまたいろいろ変わってくると思いますが…。

【ネタバレにならないと思うけど、一応内容とちょっと関係ある話】
↓↓↓↓↓

・"エヴァの呪縛"で14歳のまま(脳内が)なのは、私たちのことですよね、と観ているみんなも胸が痛くなっただろうな…と、もちろん自分も胸を痛める。

・カヲルとシンジがピアノを弾くシーンで、「良い音を出すには反復練習」と言っていたり、その後(13号機搭乗後)の「エヴァで変わったものをエヴァで変える」のような発言も、おそらくエヴァ(ヱヴァ)を反復練習している庵野監督のことで、ひょっとしたら、いや、たぶんきっと、これが終わっても「次は特撮エヴァ7部作」とかやってくれるんでしょう、と期待してしまう。

…なんてことをうっかり思ってしまうのも、やはり"エヴァの呪縛"直撃してしまった我々の性でしょうか。


【この程度じゃ、まだまだネタバレにならないと思うけど、一応内容とちょっと関係あるおぼえがき】
↓↓↓↓↓

・時間ループものとか、"神"を、(もちろん伝統的な神話とは違う形で)扱ったアニメをこの数ヶ月で何本か見た気がする。というか「まど☆マギ」とか「009」なんですが。
みなさん挑戦的ですね。日本って素敵な文化圏だと思います。いろんな神が出て来たり自分が神になっても、べつに誰も怒らないどころか逆に「ネ申キター!」とか言われるし。
とはいえ、ちょっと時期が重なると、まあ、その、なんかいろいろと。

・前作での「コード:ビースト」(獣の数字「666」)が今度は「コード:スリーセブン(777)」だった?似たような変化でしたが。で、777にはある意味が存在すると思っていたけど、今ちょっと調べてみたらそうでもないかもしれないので、ちょっと保留。

・同時上映に「巨神兵-」があることの意味。というか意味じゃないか。価値?それによって広がる部分?

・"特撮博物館"で見た「巨神兵-」の資料では、最初にコンクリートで固めた研究所、というかヨーロッパの原発のような、"神殿"的な場所から始まっていて(それは本編には入っていないけれど)、それはやはり原発的な"破局"のアレゴリー(寓喩)、というより、やはり"人類の進歩がこのまま進むことがもたらし得る破局"(10年以上前からこの表現使ってるぜ…http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/blog-entry-5.html)のアレゴリー、何種類かの怪獣が表現し続けたものと同様のものであろう。とか言ってみる。
 そしてその巨神兵の進撃のイメージを(なんとなく進撃と書いたけど、もちろん"進撃の巨人"もそれら怪獣と同様の寓喩は意識しているはず)、サードインパクトで今回呼び覚まされたことになっているアレと重ねても良ければ…。

・アダムが今回複数形になった?なっていましたよね?
・序の頃から示唆されていた時間ループというのも(ま、考えてみたらさっき挙げたhttp://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/blog-entry-5.htmlの頃から怪獣とウルトラマンの永劫回帰を示した私の恥ずかしい過去の文章も、アレなんですけど)、エヴァの永劫回帰に、そう、たとえばさっき作品名だけ挙げた「まど☆マギ」の因果律のような繰り返す時間を重ねることによって生じるアレがアレで、その時間においては"超古代"にあたるようなところにある繰り返しの時間によって積み重なったエヴァ的な何かが山のように(というか映画の巨神兵のように)ぞろぞろ出て来たりしたら、なんか(以下略)。

・ナディアは、そう、ナディアは、あのリアルタイム放送時には剣道をやっていて見ることができなかったので、ナディアのアレがアレでとか言われてもよくわかりません。すみません。私の人生における弱点のひとつは、ナディアを断片的にしか知らない,ということです。

・マリの昭和歌謡CDが出ないだろうか。

・思いついたら追記予定。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/311-9ded7ca5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。