上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「十年後二十年後に、あの頃が失敗だったね、と言われることはたぶん間違いない。でも、それすら『まだまし』に思えてしまう事態がやってくるのではないか」
このブログで、3年ほど前(2009.12.24 )にこんなことを書いていました。


壊すといえば、さっき鳩山首相が記者会見を開いていた。
ずっと前から表明している通り民主嫌い(というかべつに好き嫌いの問題じゃないんだけど、わかりやすくそう呼ぶ)のぼくとしては、ずっと鳩山はやめとけって言っているのに、こんな小僧の声なんて誰にも届かないので日本はこの体たらく。
もちろん自民なら万全だったわけではないけれど、選挙前に「一回まかせてみよう」とか言っていたやつらは今何をしているのか。

でも、実は最近(ここ1~2ヶ月くらい)鳩山が辞めたら相当危ない気がしている。
べつに鳩山に続けて欲しいわけじゃなくて。

鳩山の次の政権で、一気にとんでもないことになるような気がして仕方ない(それが小沢か、何か別のものかは知りませんが)。
って、前にも書いた気がするけど。また書いてみました。

十年後二十年後に、あの頃が失敗だったね、と言われることはたぶん間違いない。でも、それすら「まだまし」に思えてしまう事態がやってくるのではないかと。

民主政権の悪い部分・いやな部分・残念な部分(だいたい全部)。そんないろんなものがたまりにたまっても全部鳩山が引き受けて消えていき、そしてそのカタルシスが何に結びつくのか。

万華鏡は打ち壊されねばならない?
それとも回し続けた方がいいのか。いや、ちゃんと回るのか。
=====
「おっぱい歯医者とかディケイドとか鳩山とかクリスマスとか。(2009.12.24)」より

(政権など関係ない頃からの"民主嫌い"だったので、ちょっと雑な書き方ですが、だからといってネトウヨではないどころか、ネトウヨや、簡単に愛国だの反日だの言う人はもっと嫌いです)

さて、ここで言う「鳩山の次」というのは、菅・野田政権のことではなく、民主政権の次、という意味です。当時政権交代から3ヵ月目、その半年後にあっさり鳩山さんがやめて、ころころ総理が変わるとは思っていなかったので…。(菅政権の"とんでもなさ"は、また別ですが)

しかし、どうも本当に「次の政権」でイヤなニオイがするような気がしてなりません。
本当に「民主の方がまだマシだった」と、それもわりとすぐに、言われかねない。

上で引用したものを書いた頃、他にも何度か書いていたように、民主政権を選んだことで「十年後二十年後に、あの頃が失敗だったね、と言われること」という事態は、予想より早く、2〜3年もしないうちにやってきました。
でも…そんなイヤな予感が当たったからといって全然うれしくはありません。
「ほれ見たことか」なんて叫んでも仕方ない。

こういったネガティブな予想が当たることで喜ぶ気持ちがある人はたくさんいると思うのですが、ではその後でよい時代になるかといえば、今日の選挙(まだ結果は出ていませんが)について、そんな気がまったくしないという現実。我がネガティブな予想は外れてくれるくらいでちょうどよかったのに。

今回も、ネガティブな未来予想(次の政権に対しての)をしている人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
というか、いろいろなパターンのネガティブ未来予想(政権ではなく国としての)があって、それはたとえば愛国とか反日とか言うのが好きな人たちにとっての島や隣国に向いたものだったり、あるいは原子力、経済…いろいろでしょうが、それが今のこの状況につながっているんですよね。
だから、北のミサイルだったり反日デモだったりが、追い風になる人たちがいたりする。




とはいえ、内田樹さんがツイッターで

代議制民主制のよいところのひとつは、投票行動が文脈依存的であるために、「暫定的」なものにしかならないことでしょう。今回の投票は、その前の投票と、この次の投票を含めた「文脈」の中でしか意味を持たない。これが「ファイナル・アンサー」ではないと言い切れることが救いです。
=====
https://twitter.com/levinassien/status/280113154393006080(2012.12.16)


とおっしゃっていたのが、なるほど、救いです。

ちなみに岡田斗司夫さんが書いていた"投票戦略"は、私も前からやっていることですが(偶然そうなったというより、こうして見てみると十数年来岡田さんの本などから受けた文化的遺伝子もその一因?)、さてどうするか。

まず、各政党や候補者の意見を調査する。
A: 賛同できる、または応援したい候補者や政党がある場合
 そこに投票する。当たり前だね。
B: 賛同できる、または応援したい候補者や政党がない場合
 日本共産党に投票する。
=====
クラウドシティなう「岡田斗司夫の投票戦略(2012.12.16)」より




余談ですが、
「選挙の日はウチじゃなぜか 投票行って外食するんだ」
という『ザ☆ピ~ス!』(モーニング娘。)の一連の歌詞は、なんだかんだ言って絶望することもなく、ネトウヨみたいに過剰になることもなく(重ねて申しますが、たぶん民主の悪口をいっぱい言っていたから、見る人が見ればネトウヨの仲間みたいに思えるかもしれませんが…でも本当に、ただの民主嫌いだっただけでネトウヨが大嫌いです)、選挙に行って外食して、そして絶望することなく行きていく指針になっていたりします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/314-b682130d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。