上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『かぐや姫の物語』見た。

前情報もなしにあまり深く考えずに見ると、かぐや姫は戦後日本の経済や戦後民主主義、それが回帰する月はアメリカ発のグローバル経済の象徴、この映画は、そんな日本への高畑勲監督による鎮魂歌?葬送歌?というにはまだ早いかもしれないけど、ま、なんかそういうアレじゃないんですか?
…という実に安易な考えが浮かんでしまったので、いったんメモ。
(先入観なしに、って言おうと思ったけど、どう考えても高畑監督作品への先入観がありますね!)

※竹取物語の話にネタバレも何もないので、思ったことをザザーッと書きます。

◎田舎時代から成り上がりへ
「タケノコ」と揶揄されるほどすくすく育つ姫は、高度経済成長期の日本。出ないはずの乳が出た媼は、まさに焼け跡からの復興。「え?また大きくなったの?」と何度も言われるほどの所得倍増計画。
「天の恵み」とばかりに黄金の特需や着物にはしゃぐ翁の姿は、神武景気・岩戸景気・いざなぎ景気といった文字通り「天」の景気に沸いた日本人。

翁はそのまま”日本のオジサン”の姿でニューヨークにビルを…いやさ都に豪邸を建ててしまう。都で成り上がりと言われても、そりゃ浮かれます。
そこには同時に媼のような感情も同時にあるわけですが。

◎都
躁鬱としか思えない感情の波に翻弄されるヒステリー持ちのかぐや姫は、たとえば景気の浮き沈み?(という暫定の考え。原典にはない要素、走りまくる姿も含めて、もっと見逃せない何かがあるかも?)

庭に山や木々(に見立てた植物群)を育て楽しんでも、やがてまがいものに過ぎないことに気付き破壊したかぐや姫は、人工的な”自然”への反発?ひょっとすると、おもひでやぽんぽこで自然を描いたつもりになっていた監督自身の反省?(という暫定の考え。これも原典にはない要素、見逃せない何かがあるかも?)

◎バブル到来と破滅への道
満を持して登場する肩パット入りまくりの、いわばバブリーな服を着た帝は、文字通りバブル。バブル以外の何者でもなし。
バブルに抱きすくめられ、そのおぞましさに身の毛もよだつかぐや姫の表情の見事さ!
(ま、世の中にはバブルが好きだという人もたくさんいらっしゃいますが)これは、高畑監督の偽らざる気持ちでしょう?知らないけど。

しかしそこで、かぐやが自分は月から来たのだと気付いたように、ずっと浮かれていた戦後日本の政治・経済はアメリカの属国としてのものだったと、気付いてしまった。
(この辺の流れは一晩か二晩寝かせないと、ちょっとうまく言えないかも)

ついでに、これは原典通りですが、5人の求婚者の欺瞞は、ギラギラしていた頃の日本経済の欺瞞そのもの…とか書くのは、言い過ぎかな。調子にのりすぎちゃったかな。

◎グローバリズム
さて。もはやこの国がTPPやグローバリズムにあらがえないように、日本の経済は、グローバリズム(というかアメリカ中心のアレ)の月に旅立つしかない。かぐや姫が振り返る地球は、地域や国境線に基づく国民国家(グローバルを謳う人々が飛び越えるべき”旧弊”と考えるもの)であり、そんなものを振り返っても、もうかぐやからその記憶は消えました(テヘペロ)という近未来。ちょっとだけノスタルジーくらいはあるかもね。でも一度振り返るだけ。

残される日本人は、ただ月を見上げるしかない。でも、(グローバル経済バンザイな人には伝わらないかもしれませんが)そこに残る人々は、それを悲観することもないし、根付いて生きていけばいいんじゃないでしょうか。ちょっと寂しいけど。
ま、ぽんぽこの生き残りの狸みたいな。そこにいる人々に対しての、実にやさしい目線。

べつに帝が富士山で薬を焼いたりしなくていいんです。
完全に(グローバリズムに)取り残されている姿は、十分に描かれました。

ちなみに、一瞬出た昔地球に行った月の人(たぶん嫦娥)や仏様が迎えに来る図は、平安人にとっての外来の文化は何だったかという話なので、それで十分。

◎罪と罰
チャラチャラした資本主義の繁栄におぼれて浮かれていたら(罪)、グローバリズムに収奪されるんだよ(罰)。


◎オリジナルキャラ・捨丸兄ちゃん
仮定1:
初監督作ホルスのように英雄的に登場した捨丸との、世界名作劇場(カルピスこども劇場?)的生活を経て、泥棒シーンが未完成で叩かれ(火垂るの墓)、都の生活よりも、捨丸との生活を…と望んだのは、ほら「おもひでぽろぽろ」的な「ぽんぽこ」的な?
でも、今となっては、OLが田舎暮らしに憧れるのも、ぽんぽこ的世界も、夢・幻にすぎなかった。でも、ちょっとだけ捨丸とかぐやに夢を見させた。それは、高畑監督自身の自己肯定とか、走馬灯とか、そういうもの?

仮定2:
文字通り日本人が捨てて来たもの?と考えるとぽんぽこで十分じゃないっすか。でも、そういう映画がたくさん…。

仮定3:
社会主義的な世の中への(監督の)未練?

ま、そうは言っても。
捨丸にはとっくに地味なかみさんがいて、地道に木を切って暮らして行く。かぐや姫はそんなもののことは全部忘れて、月(グローバル経済)へ旅立つ。
もちろんそんな捨丸たちに対しても批判的な意味はまったくないし、むしろ好意的(そりゃそうだ)。

◎ざっくりまとめ
そんなこんなで、「なぜ今かぐや姫?」「制作期間8年、総製作費50億円ってどゆこと?」「大コケwww」などと言われるであろうこの作品は、おそらくこれから沈みゆく日本への、高畑監督の哀悼ではないだろうか。

日本の美を極めた…とか言っている人は、幸せです。

==============

★こういう↑いやらしく安易な解釈とは別の解釈の入り口

ほぼ唯一の食事シーン、捨丸とタケノコ(かぐや姫)がウリを食べる場面。
藪の中で密かに、ウリを割って二人で食べる。

文字通り「破瓜」以外の何者でもない。

最初の一口は「うっ…」となるタケノコも、すぐに捨丸とおいしいウリを味わう。
しかもウリ科の植物には詳しくないのですが、あれはマクワウリ?まぐわる?…とか思う私はもうアレですね。心が汚れ切っていますかね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/322-965825d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。