上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiから転載。
=====

仮面ライダー響鬼を見ていない人にはまったく意味のわからないことをだらだらと書いてみようと思います。


どうでもいいんだけど、こないだ(30話?)の響鬼の転校生について、批判スレ(http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1939595)のやつらは「あんなやついるわけがない」とかずっと言っています(ちらちらちらっと見た感じ)。でも、アンチな面々が響鬼に違和感を感じていたように、ぼくもアンチな面々のその言動に違和感を感じていたのですが。えーと、あのー、あんなやついっぱいいるでしょう。ほんとに。

明日夢君の高校って、受験の時期の話の記憶を手繰ってみるとある程度偏差値の低くない所なんだと思うけど、まあ、たぶんそういうところにはたくさんいる気がする。すごーく個人的な経験(どうせ愉快な面々も個人的な話しか書いていないので、ぼくも書いていいよね)だけでも、あれ系のやつらに何人も出会った。

・べつにだれも相手にしていないのに、勝ち負けにすごくこだわるというか常に勝ちとしての自分しか認めないやつ、というより、はじめから脳内勝ち設定になってるからどうにもこうにも使い物にならないだけなのに、一人で勝った勝った言ってる薄っぺらいばか。(例:批判スレの愉快なみんな。/一部のわかる人にしかわからない私的な例:kz)
・「高校生らしいってなんだよ」とかどうでもいいことをぐちゅぐちゅ言う、頭悪いくせに自分は頭いいと思っているばか。
・グルメぶってろくに寿司も食べられないやつ(というかこれは本当はそういう設定ではなくて役者の事情かな。いや、むしろフランス帰りのリアリティはあの食べ方のほうが強いか。ちゅーか本当はあんまり人の寿司の食い方とかに文句は言いたくないんだけど…)。
・なんか変な発音のくせに自分は発音が素晴らしいと思ってるやつ(しかも周りは結構そのニセ巻き舌みたいなのをすごいと思いがち)。
・絵がうまいと自分では思ってるけどすごくオタ臭いだけ。
・実は運動が苦手。

単語レベルの話にまで落としてしまうと、それとまったく同様の個性(みんな大好き個性教育の個性とはまた別のアレ)を持ったやつはいないだろうけど、文脈としてみれば、この程度のキャラ、そこらじゅうにいると思います。ほんとに。まあ、偏差値60弱くらいかな。そんなに高くないけど本人としては結構がんばりました、くらいの位置。
考えれば考えるほど、キャラのリアリティとしては、響鬼のどのキャラよりも、すぐ隣にいそうな、そんなやつです。

あんなやついないって断言できる人間は、とても幸せな人生を歩んできたのか、あるいはご本人がアレ系なのか、どちらかではないかと思います(たぶん後者が多いと思う)。

あと、書いてて半分くらいは自分のことじゃないかという気がしてきた。
=====
ちゅーか、あの愉快な批判スレの面々が言ってるのって、性格というかキャラの問題ですよね?将棋が強いとかお金持ちとか、そういうことじゃないですよね。それ言っちゃうと、あの、鬼に変身できる人なんてこの世にはあんまりいないと思うんですが、どうなんでしょうか。それともいると思ってるんでしょうか。そう考えると、能力的な意味においても、彼ってあの世界ではかなり「リアル」だな。

あとキャラに厚みがないっていうのも、実はそれって当然で、リアルに存在するそういうやつら自体に(≒批判スレの愉快な面々)人間としての厚みがないんだもの。何を今更って感じ。

ちゅーか、アレだ、あの愉快な批判スレの面々は、井上脚本のリアリティのなさの基準としてあの転校生を挙げているんだろうけど、なんちゅーか、彼らの試みは根本的にに間違っていると言わざるを得ません。ほんとに。

べつにぼくは熱烈肯定派でも、前の響鬼を否定するわけでもなく、ただ単に、批判スレのアレがあまりにもアレだったのでうっかり書いてしまっただけなわけですが。
=====
ちゅーか、ほんとは否定派肯定派ひっくるめて、あの批判スレの愉快な面々の一言一句に至るまで違和感を感じまくりなんですが、でもそれをいちいち書き込んでみても、やつらの仲間入りするだけなんですよね…。


ちゅーか、ここまで書いてなんだけど、あれってフィクションですから。あんなキャラがいようがいまいが厚かろうが薄かろうがどうでもいいですよ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/48-83371dbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。