上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去ログ掘り起こし。

2003年当時はこんなこと書いていますが、windowsも進化を遂げている気がする昨今、下手にこういうことも言えなくなっている気がします。

 
Windowsは世界を救う?
=====
2003/6/7(土)

昨日放送された『マトリックス』を見ていてふと思ったんですが(昨日の今日だしマトリックス関係のこと書いてるサイトなんかもたくさんあるかもしれないんですが)、あのマトリックス世界を管理しているコンピュータのOSって、よほどしっかりしているやつじゃないとだめですよね。

つまり、もしもあれがウインドウズだったりしたら、とてもあんな巨大なプログラムなんか実行できずに、たとえばエージェントを何人も出しているうちにフリーズしたり、なにもしていないのに異常終了やらわけわかんないことになって、菊地桃子にでもしかめっつらされながら、つかえなーいと言われることになる。
それ以前に、ネオたちもわざわざ余計な努力しなくたって、ウイルスでも使えばあっさりと勝てるわけで。

マトリックスに限らず、たとえば『ターミネーター』にしたって、戦闘中に頻繁にフリーズしておバカになっちゃうロボットなんてお話にならないよね。あるいは、あっさりウイルスにやられちゃった『インディペデンスデイ』のUFOなんかは、きっとOSがウインドウズだったんだろうな、かわいそうに(あ、ウイルスを送り込んだのはマックだったっけ?実際マックとウイン簡単につながるんだけどね)。

現在のところ、一応パーソナルコンピュータだとウインドウズが世界的に圧倒的シェアを占め、おそらくこれからもその傾向は続くのでしょう。その傾向が未来永劫続き、いろんな意味で世界を制覇し続けてくれたならば、そのへっぽこコンピュータ社会では、とてもじゃないが『マトリックス』や『ターミネーター』のような未来はやってこない。そう、ウインドウズは、ぼくらの未来を守ってくれているのであーる。

ただ、携帯だとか家電だとかを圧倒的シェアで支えているっぽいトロンだとか、PCにしてもMacOSX(これはありえないか…)だとかリナックス(よくしらないけど)だとかUNIX系のOSが、未来の社会を支えていくのならば(実際そういう方向に向かいつつはあるかもしれませんね)、いつかそう遠くない未来に、『マトリックス』や『ターミネーター』は、実現し得るのかもしれない。

そんな未来に対抗するため、ぼくらのヒーローマイクロソフトは、ウインドウズっていう最高の武器で、戦い続けているんだ!がんばれビルゲイツ!安定したコンピュータなんて許さないぞ!

-----
窓派のみなさんごめんなさい。
-----

ちゅーか、そういやAIとかいってたっけ。AIってどういう仕組みなの?わかんないや。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/68-5c3c9110
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。