上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003.01.01 ヴァニラ
過去ログ掘り起こし。

まだ飯サイトを始める前に、ほんの思いつきで書いたもの。
飯関係文の最初期のものなので記念碑的に転載。その後飯サイトにどんどん無駄なことを書き流していくわけですが。

ここで出てくるバニラコーラなんてあっというまになくなった気がするけど、現在(2006年)と比べると全然飲食のこととか考えてなかったこの頃に、意外とまともなことを言ってたかも。

この頃も自覚的に半可通として、ソバとか余計な話を出しているところが自分らしいアレなんですが(こんなの書いたって全然覚えてなかったけど)、まさかここで出てくるつゆの辛い蕎麦屋の近所に住み、何度も足を運ぶようになるとは、当時は夢にも思っていませんでした。

 

ヴァニラ
=====
2003/7/17(木)

食べ物の話もうしないとか言ったけど、やっぱすることにしました。

-----

で、こういうこと言うと反感買いそうなのはわかってますが、
みんなバニラコーラのことまずいまずいって言い過ぎじゃないですか?
なんかもうまずいって言うことがステイタスだと思ってるでしょ?
まずいって言わなきゃ罪っていう強迫観念めいた意識の下で生きてるんじゃありませんか?

いいから素直に飲んでうまいって言ってみろよ。

-----

と、ここで「自分も飲んでみた、うん、まずかった」とか書くと、ほどほどに日記系サイトっぽくて可も不可もないんでしょうけど、実際べつにまずくないと思います。

まあ、もともとそれほど普段からコーラを飲むような、文明開化的な生活は送っていないので、はじめからコーライゼーション(ちょっと用法違いますが、そういう言葉もあるようです)されたような先入観自体がそれほどないんですけどね。ちゅーかみんながまずいと言うからオレもまずいというとかいうのはちょっといただけないですし。

そもそも、ぼくはそんなにコーラをがぶ飲みとかできないので、がぶ飲み前提の猛者の方々からすれば、バニラにはたしかに飲みづらい面もあるのかもしれませんね。

ひょっとしたら、コーラをがぶ飲みする方々にしてみれば、味よりも喉越しだとか飲みやすさの方が重要なのでしょうか。なるほどそれもあるかもしれません。

そば好きは、箸でつかめるだけそばをつかんで、じゃぼじゃぼとつゆにつけて、むしゃむしゃ噛み潰して喰う、というような野暮なことはあまりしません。
ちょびっとだけの麺を、それほどつゆにもつけず、ほとんどかまずにつるつると喉越しを楽しむ。そういうもんだと思います(生半可な知識で真似してます。ちなみにためしてガッテンとかからの受け売りです)。その喉越しというのも、するすると通っていくような感覚というより、微妙にひっかかるかどうか、そんな感覚です。
コーラ好きも、そうやってコーラ自体の味というよりむしろその喉越しに重点を置き、あるいは炭酸の喉にひっかかるような感覚が薄れてしまわないうちに飲んでしまう、そういう通な人たちなのかもしれませんね。

さらに、前述したそば通の食べ方には、もう一つ特徴があります。

素人には、たっぷりつゆにつけたたっぷりのそばを、じゅるじゅるじゅるとゆっくり吸い上げ、マイペースで食する傾向がありますね。しかしそば通のおじさんたちってのは、わずかなそばと、わずかなつゆで、一気にちゅるっと吸い上げる。
そうやって、呼吸と同時に一気にそばを吸い上げることにより、喉越しの瞬間に、香りが生きて鼻から抜けていくという、そばを味わうにあたって重要な要素が隠されているわけです(これもガッテンかなにかから受け売りで真似してます)。

コーラがぶ飲み派というのも、やはり一気にコーラを喉の奥に流し込むという行為によって、コーラの喉越しと同時に、その香りを殺さないうちに飲んでいるのかもしれません(その瞬間の呼吸のありようを観察してみないことには断定できませんが)。
ワインなどのように、舌で転がすようにして味わい、馥郁たる香りを楽しむ方法では、今度はコーラそのものが体温で温まるなどして、クールな感覚と喉越しが殺されてしまいますしね。

そういう意味で、コーラをがぶ飲みする御歴々にとって、バニラコーラとは、喉越し、そして香りに明らかな違和感を感じてしまうものなのかもしれません。

やはり、バニラコーラをまずいというのは、通として必要なことなのかもしれませんね。


やっぱり、ぼくはそんな通になんてならなくていい。

-----

(ちなみにぼくはそばに関しても通なんかじゃなくって、書いた通り受け売りで真似しているだけです。そば屋で酒も飲んだことないのです。ドシロウトです。が、実際こっちのほうがうまいと思います。あと、そばの場合は喉越しや香りを重んじるほど、必然的に一口の量が少なくなるわけですが、コーラがぶ飲みにおいては、一口の量の多寡はほとんど関係ないということはおわかりいただけるでしょう。それと、そばにつゆをあまりつけないってのは香りに関してというだけではなく、江戸のある店が、やたらつゆが辛かったという部分の名残もたしかあるのですが、どうでもいいですね)

-----

まずいまずいと多くの人がが口をそろえて言うようなものとして、他には(飛行機の)機内食というのが挙げられますね。

まあ、そういうこと言う面々ってのは、大抵人生においてようやく一回機内食を口にした程度(あるいは一度もない)の中高生か、あるいは中年の方々のような気がするのは気のせいでしょうか。
この場合、まずいって言わなきゃ、という強迫観念と同時に、別のファクターもはたらいていそうですね。あんまり言うとイヤミっぽいので言いませんが(ヒント:そういうことを言うといかにも旅慣れてるっぽく見えていいと考えている、など。実際は全くそうは見えませんね)。

あるいはほんとに大したこと無い航空会社でほんとに機内食がまずかったのかもしれないのですが(幸いにしてそういう経験はありませんが、一昔前の格安旅行なんかだとそういうこともあったようですね)。

-----

味と機内食の話でふと思い出したけど、かなり昔に北京に行ったことがありました。
高校一年の頃。
あんまりこういう話は、昔はじめて海外に行ったらしい知り合いがやたらうかれて自慢話しているのを見て以来気持ち悪くてほぼ全面的に封じていたんですが、味の話をするにあたってぼくにとって避けがたい話なのでちょっとだけ。あと、こういう話をぼかしながら遠回しに言うと、逆にいやらしいとか言う人もいるし(むずかしいね)。

で、その時は学校の関係で行ったんですが、修学旅行とかじゃなくて生徒は10人くらいと、あと校長と同窓会の偉い人とかそういうメンバーだったんで、もうね、食事が並じゃなくすごかった。ほんとに。ちょっと微妙なポジションのタレントが、番組で香港グルメツアーとか行ってうわーすごーい、とかやってるようなのを毎日喰ってた。

ただ、その当時はほんとにがきんちょだったんで、まったく、ほんとにまったくわからんかった。味が。豆板醤と甜麺醤もよくわからんような、料理なんてインスタントラーメンくらいしかできないようなウンコだったから。ほんと、ウンコ食べてもうまいかまずいかわからなかったんじゃないかな。あと、恥ずかしながらはじめての海外でかなり浮かれていた面もあるだろうし。

やっぱり、自分で料理するようになってやっと、いろんなものの味もわかるようになってきたと思う。
あの頃はもう、ファミレスの鶏を焼いたようなのとかが大好きだったもんな、ありえない。人生において最も後悔することを挙げるとしたらあの時しかありません。

もしも今、あの時目の前に並んでいたものを食べることができれば、ぼくはこの目を閉じ、一人静かに涙を流して味わうよ。
他のものなんか目に入らない。
でも当時のろくに味もわからんぼく(ヴォケ)はよそみばっかりして。で、なんか壁にかかってる掛け軸とか買ってんの。アホかと、バカかと。今すぐぶん殴りたい。そんなん見てる間にうまいもん喰っとけっつーの。

まあ、オイスターソースとウスターソースの区別もつかんようなガキにあんまりうまいもん喰わせてもしょうがないわというお話。まじで。
そういう意味でも(つまり別な意味もあるんだけど)バカなお子様なんか海外につれていくもんじゃないですよ。

そういや中華食材売ってるとこで佇んでいるときに、ろくに何が何かもしらんようなバカップルやらが豆板醤とか、あるいはそのそばの棚にある永谷園の麻婆豆腐のもととか買いにきて、すごーく浅い会話とかしているのを聞くと、当時の何もわからなかった自分を思い出し、やりきれない気持ちになってしまいます。彼らバカップルを葬りたくなるのは、決して彼らがカップルだからではなく、その無知さにやりきれなくなるからです。

まあ、それとは別の理由で、麻婆豆腐のもととかは嫌いなんだけどな。そういう話はどうでもいいや。

うん、つまりね、うまいものをうまいと喰えるか、単にまずいまずいという風潮に流されずに、その実際のところを、見極め味わい尽くすことができるか、というポイントがどこにあるんだろうな、ってことを書くつもりだったんですが(書けていませんね)。
そういう意味では(つまり別の意味でもね)、いまだにぼくも発展途上というか、まだまだ一歩踏み出したばかりなんですが、あんまりのぼりつめると、それもまた海原雄山のようになってしまうので、ちょっと困りものです。

ほどほどに、高くなくていい、ぼくは、うまいものを食べ続けていたい。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaizyugakusei.blog35.fc2.com/tb.php/70-17b00507
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。